『原作主養分トクナガVER』




第22話その2 【オトモアイちゃん】




「殺してやる。どいつもこいつも片っ端から殺してやる。」




そう呟きながらトクナガはホールへと向かった。


あぁトクナガのやつ、負けすぎて遂に店長へ逆怨みと出やがったか。


と思われても致し方無いのですが


そういうわけではありません。


今日は予てより期待していたモンスターハンターを朝から打てる日なのだ。


モンスターを千切っては投げ千切っては投げて殺しまくってくれるわ!


と猟奇的に挑んだわけですが、満席なの。




人気なのは分かってたけど導入から時間も経つし満席とは思わなかった。


しかもオトモアイルーのつもりなのか女連れのカップルがチラホラいまして


通路に貸出し椅子が設置されるものだから邪魔くさくって仕方ない。


こういう奴等に限ってきっと稼働しながら





「イヤーン、このアイルーって猫かわいー♪」



「お前の方が可愛いよ。俺の仔猫ちゃん。」




「にゃう♪♪」




とかクソみたいなラブコメディを繰り広げてるに違いない。


妄想なのに腹が立ってきた。


モンスター代わりに狩ってやろうか。




トクナガ
「上手に殺れましたー♪」




とかやってやろうか。




しかしまぁ嫉妬に狂ったところで事態は変わりませんから


他の台を打つことに。


そこで目を付けたのは【ストリートファイターU】


どんだけカプコンが好きなんだよって感じですが選んだ理由は他にあります。


隣はキャッツアイなのです。


自分はストUを打ちながら三姉妹の活躍を見ることが出来る。


まさしく、見ぃ〜つめるキャッツアイなわけです。


なら自分で打てよとお思いの方もいるでしょうがそこは無しの方向で。





とにかく回し始めること投資4000円目に引いたCBから


液晶には【中段チェリーならボーナス】の表示が。


コチラの演出、普段であれば【中段チェリーならチャンス】もしくは激アツが殆どなのですが、このパターンはアツい!!


ここはしっかりモノにしてRBをゲット!


CBからのRBはプレミア扱いであり、


全部で5回の5択チャレンジの内4回はナビが発生します。


ちなみに通常時は5回全て正解すると


SpecialBattleという勝利確定の上乗せバトル。


すなわち八百長試合にも突入するのですが、残念ながら今回は4回正解。


それでもARTは確定だから良しとしよう。




幸先良くARTに突入したわけですがこのARTが続く続く。


お前とっくに殺意の波動に目覚めちゃってんじゃないの?


と思うぐらいにライバル達を薙ぎ倒していくリュウ。




最後の方なんて飽きちゃってキャッツアイの方ばかり見てたもの。


やっぱり来生三姉妹は可愛い。


特に三女のアイちゃんなんて可愛いすぎる。


「頑張るぞー♪」


と意気込みながら窓を拭き上げるその姿なんて狂おしいもの。


演出とはいえキチガイのように何度も同じ窓を拭き上げるアイちゃんに


愛しさと切なさと心強さを感じずにはいられない。




やっぱり僕はアイルーなんかよりもアイちゃんだな。


萌えー。


とか言ってたら一回ナビミスった。


死ぬかと思ったわ。


そんなハプニングもありながらARTを1200Gほど消化したわけですが


残りG数が0となりFinal battleへと突入。


裏ゲーム数が残っていればここで勝利して復帰となるわけですが、対戦相手がケン。


初めての対戦相手に一瞬思考が停止しちゃいましたね。


普通Final battleの対戦相手はベガ、サガット、ブランカの内の誰か。


エンディングか?とも思ったのですが、エンディングの対戦相手は豪鬼のハズ。


以上の事を踏まえて考えると、


すなわちこれは継続確定のバトル、八百長に違いないと確信。


どうせ茶番劇だろうと見ていたわけです。


するとどうですか


ぶつかり合う拳と拳。


そして信念。


両雄拮抗、互いに譲らぬ攻防の末に両者は共に崩れ落ちた。


そしてお互いに目を覚ましたころ、気付けば夜は明けていた・・・


この闘いに勝者なし




「次に会う時は負けない。」




と互いの健闘を讃えあう二人。


茶番だなんてとんでもない。


全米を感動の渦に巻き落とす程のバトルが繰り広げられた。


この熱きバトルにはトクナガも涙せずにはいられない。




と思いきや、やっぱりキャッツアイみてた。


アイちゃん萌えー。


とか言ってたらナビミスしそうになった。


死ぬかと思った。


とまぁ八百長も終わったところでまたARTといきましょう。





結果









!?



いやぁビックリしたね。


アイちゃんがナンパされずに屈辱に悲しむ姿を見て興奮してる内にART終わってるんだもの。


意味がわからない。


キャッツアイに心奪われすぎてARTも奪われちゃったかなー♪


とか上手くもなんともないことしか言えないぐらいビックリした。


気になって調べてみたところ


エンディングには二種類あり、先程のケンとのバトルがその内の一つだったようです。


肩すかしな展開に愕然としましたが、ダメージはそこまで大きくない。


何故かと言いますと、現在ボーナス間1240Gなのです。


すなわち天井間際。


もう一度ARTにブチこんで今度は豪鬼エンディングでも見ちゃおっかなーカッカッカ。


とか言ってる矢先の1260Gでボーナス引いた。


ホント死ねばいい。




※原作では1360GとなっていますがストUの天井はボナ間1300Gのため恐らく入力間違いだろうと勝手に訂正させていただきました。


主養分さんすみません。


天井間際のボーナスに心折れて少し回したところで終了です。






結果発表


投資 4000円


回収 48000円


収支 40000円+アイちゃん可愛い




その後本来の目的であるモンスターハンターに空き台があった為座ってみたが、


剥ぎ取りチャレンジどころか僕が身ぐるみを剥がされるという結果になってしまった。


やっぱり僕にはアイルーよりアイちゃんが良い。




以上がトクナガver.となります。


【太郎さん】【主養分さん】ありがとうございました!!


現在パチスロだけでなくパチンコの方でも原稿を募集しておりますのでどうかよろしくお願い致します。


主要な展開も三行以上でね!!






【トクナガ22話-目次】



@.日記原作太郎氏
A.それをOMOROく改造する
トクナガVER太郎日記

B.日記原作主養分氏
C.それをOMOROく改造する
トクナガVER主養分日記


【読者要望のコーナー】

D.おまけ日記【依存】
E.おまけ日記【ジム】
F.おまけ日記
【ゲームセンター】

G.おまけ日記【日記の書き方】
H.今週のトクナガBOX
I.超ビギナーズ
パチスロマニュアル







>>友達に教える
トクナガ日記TOPへ

パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト