トクナガ日記第四十八話♪

【トクナガのパチンコ日記】
第48話 温故知新



温故知新という言葉がある。


『論語』の出典によるもので、


孔子が師となる条件として、


先人の思想や学問を研究するよう述べた言葉です。


「子曰く、故きを温ねて、新しきを知れば、以って師と為るべし」と訓読される。



近代化の止まらぬ世の中ですが、


そこには先人の編み出した知恵や技術が根本にある事を忘れてはならない。





僕の小さい頃などは、


良く親戚の従兄弟から貰った御下がりの服なんかを着せられてました。


パーカーなんてヨレヨレでジーパンに至っては穴まで空いて、


見ようによっては、

そこらのスラムでビッグマック片手にダンクを決めながら口癖で「F○○k!!」とか叫んでそうな風貌なのですが、


今でいうと、


パーカーはドレープファッションのようなもの。


穴の空いたジーパンはダメージジーンズのようなもの。




そう考えるとどうですか。


お古のハズが一転して近代的ファッションに早変わり。


「ステキ!!抱いて!!」って事になるわけです。


温故知新とはチョットどころか大分ズレてるけど


古いって凄すぎる。





MAXライターにしてもそうです。


先日100回の連載を迎えた盟友モン君。


彼はもはや言うまでもなくベテランであり古株ライターですが、


ここで第1話の日記を見てみましょう。





第1話【下ネタ辞めました】




[広告]
[広告]







うんうん。


第1話にして辞めたもクソも無いのですが、


タイトルから察するに、


当時は下ネタの【し】の字もない実にフレッシュな青年であった事が伺えます。





続いては中身を見てみましょう。


するとどうですか。


二行目から中洲のヘルス嬢に責められた話を展開しようとしております。


全然辞めてねぇ。


極めつけは当時のトップ画です。





[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
トクナガ日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト