甘デジ稼働と出玉盗難事件の話


この日記の2ページ目です。




若者




振り返るとそこには最近入った新人スタッフがいた。


「お〜お疲れ〜!」


笑顔で挨拶をかわしつつも同時に心の中で祈る。


(どっか違うところいけ!)


この新人が嫌いなわけじゃない。


俺はこれからパチンコ日記用の稼働をするんだ。


パチンコ演出を撮りたいんだ。


携帯でパシャパシャやってる姿を見られたくない。


(※職場にはパチンコライターしてるのは内緒)


「先輩?そんなに写真撮ってどうするんすか?しかもプレミアじゃなくて青保留とかw」


なーんて言われても困る。


【広告】




さらにもう一つ困る理由があった。


先日、この新人スタッフに説教をしてしたんですが、


まさかして逆ギレされてしまったのだ。


甘デジで怒る




なもんだから


パチンコ演出を撮って挙動不審にしていたら、


新人スタッフとの距離がさらに離れてしまうと感じたのです。


小さい人間なんですよ。
器も心もアソコも…。


そんな憂いをよそに、釘を見てドスンと隣に座った新人君。


さて、困ったな…





しかし、この時の俺はまだ知らなかった。

写メが撮れないのは些細なことで、このあともっと困る状況になろうとは・・・。


【広告】




台の方は順調に回っていき、


千円平均24回転をキープしている。


よしこれなら期待値あるし打っていける。


すると動きがあったのは121回転、


キュインと鳴って当たった!!






・・・新人くんがね。




パチスロ読者日記トップ