天下一ライター会日記ライト♪



初日の勤務で、「駄目かも」と思った。


基本的に耐久性は高いと思っていたが、初日で心が折れかけた。


色々と理由があり、


仕事自体は営業みたいなものだが、


僕が働き出した業界は軍隊と揶揄されるほどの上下関係の強い業界で、


尚且つ、


仕事が決まった時に僕が家チカ勤務を希望したので、


いきなりグループの売り上げNo.1支店に配属されてしまった。





しかも、


すぐ近くに業界No.1の系列の支店があるため相当火花が飛び散っており、


1に数字!


2に数字!!


3に数字!!!



というプレッシャーに常にかられていた。


パチンコで数字に触れていたので、比較的に好きではあったが、


「個人としての数字」と「企業としての数字の重みや責任」


は全くの別物であり、


対機械と対人の違いでもあった。






[広告]
[広告]




だが、僕は自信過剰で負けず嫌いというのもあり


「今の若い人間は・・・」


「ユトリ世代は・・・」


といった言葉で一括りにされるのが気に喰わないので、


今できることを精一杯やった。


目付きが悪いから、営業スマイルを作る努力をした。


1人ロープレもやった。


ノートにも色々と書き留めた。


時にはマイデスノートにも名前を書き留めた。





数カ月が経ち僕に対しての周囲からの信頼も生まれた。


そして、ついにあのイベントが発動した。


そう、


後輩が先輩を気持ちよくさせるための恒例行事。





接待パチンコである!!!!!




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
天下一ライター会日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト