ミルキー日記決勝♪




「(・・・私)」




どうして私、ここに来てしまったのだろう。




ぼんやりと思い出すのは、


昨夜のステージが大熱狂のまま終わった時の景色。


”相方”となったキョウコと背中を合わせて、いつもの決めポーズ☆


汗でぐっしょり濡れた背中が、


お互いどれだけこのステージに集中していたか伝えていた。


ぱっと離れて、歓声に応えるキョウコのことは・・・昔ほど嫌いじゃない。


1対1で付き合ってみれば、気風のイイ女子だった。





「今日もありがとー!みんな大好き、だよーっ!!」

ノチ斗




強いスポットライトは、地下劇場特有のものではない。


男性客が多かったのは昔のことで、今は女性ファンも多いと聞く。


メジャーデビューして”よかったと思うこと”のひとつだった。




「(じゃあ”よくなかったと思うこと”は・・・?)」




一人、控室でタオルを被ると考えてしまう。


捨てたものの数の多さと、その重さ。


身軽になったんじゃない。


心の中に、未だに埋められない広い空間を作ってしまったんだって気づいた。


【広告】





「(だからって、何も飛行機で飛んでこなくても・・・)」



そう、わざわざ大分まで来なくても、だ。


手に持っていたのは、いつも手帳の間にこっそり挟んでいた一枚の写真。


事務所宛に、名無しの手紙が来て、これが一枚入っていた。


大分県の地名が入った消印。


・・・すぐに誰が送ってくれたのかがわかった。





写真をかざして、同じ建物か見比べる。


赤い屋根。


看板。


出入口に飾ってあったベル。


私はサングラスをかけ、被っていた帽子に更に深く頭を埋めた。


・・・仮にも、一緒に住んでいた人だ。


顔が変わっていても、見破られる可能性もある。




「(そんな時、私、どんな顔をしたらいい・・・?)」




頭の中が、胸の鼓動でいっぱいになる。


それでも・・・ここで踵を返すことはなかった。





意を決して、扉をくぐると


ベルが鳴って来客を告げる。


「いらっしゃいませー、お好きなお席へどうぞ!」


店内にいたウェイトレスの声。


初っ端からに逢うのではないかとドキドキしていた私は、少しだけ胸を撫で下ろした。




午後2時だというのに、


席の半分は埋まっていた。


タクシーでここに来るまで、ほとんど誰にもすれ違わないくらいの田舎だというのに、この盛況ぶり。


窓際の席に座って、呆然と店内を見渡していると、


ことり、と水の入ったグラスが置かれた。




「ご注文はお決まりですか?」


「あ・・・カ、カルボナーラください!」


「カルボナーラ、ですか・・・?」


「はい」


「・・・・・・」


「・・・えっと、あ、あの・・・?」




急に押し黙った彼女は、不躾でない程度に、不審そうな瞳でこちらを見た。



【広告】