トミー日記第百二十二話♪




アフリカで飢餓で苦しむ子供がいると聞く。


きっといるのだろう。


しかし正直な話、


実際にこの目で見ていないので、


どこか現実問題として認識できていない部分がある。




東日本大震災。


これはそれに比べれば遥かに認識できるが、


寄り添う気持ちはあれど、


当事者の方々に気持ちに100%なれるかと言えば、きっとなれていない。


大切な人を亡くした痛みは、


やはり亡くした人ほどにはわからない。




それは仕方のないこと。


その上で、


だからこそできることがあると思う。





今回、チャリティーパチンコとして


皆でパチンコを打って、その玉を児童養護施設に寄付する企画を行った。


児童養護施設に入る理由で一番多いのは


親からの虐待らしい。


ノッチボスからこの企画を聞いた時、


自分自身が孤児だったりしたわけではないけど、


子供を持つ親として、


その子供の痛みが容易に想像できた。





[広告]
[広告]





虐待された子供の悲しみや苦しみ。


人生の中で、どんな裏切りにあっても、苦しい思いをしても、


最後に唯一頼れるはずの両親から受ける攻撃に


子供はどんな思いなのか。


その救いのない状況を想像すると胸が張り裂けそうになる。


本当に眩暈がしてくるほどだ。




一人の子を持つ親として痛みが理解でき、


また、パチンコセグMAXというサイトに関わる人間として、


このチャリパチは、ある意味我々にしかできない事だと思った。




そうして、


チャリパチ企画がスタートし、


紆余曲折ありながらも


賛同くださるユーザーさんとホールさんがいらっしゃって


ようやく企画当日を迎えられた。





当日の様子は他のライターさんが書いてくれると思うので、


私は自分の稼働をザックリと。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆