L卵日記第二十一話♪



ホールはスロット4号機爆裂機時代の終わり。


スロット業界に冬の訪れである。


そろそろ俺もパチンコを真剣に打とうと、ボーター理論を学び、実践し、


目から鱗がボッロボロに落ちまくっていた頃。


初代冬ソナの登場である。


周囲から聞く評価は・・・



「面白い。」

「赤が二つあれば当たる。」

「連チャンする。」

「ペ様がイケメン。」

「とにかくスペックが甘い。」



と、すこぶる良い。






[広告]
[広告]




そんな冬ソナを初打ちする最高の機会がきた。


大型店のグランドリニューアルである。


初日は見に徹し、二日目に抽選で冬ソナをとった俺。


閉店前に空いた台を試し打ちしたけど、千円30回は余裕で回る。






勝ったな
あぁ
魚群先生L卵05






12時オープンだったのでロスをなくす為に、早めの昼飯を食ってからホールへ。


いっちょ揉んでやっか!!!


3.6円交換のホールで1k30回以上の初代冬ソナ。


こんなもんはハマリオさんの言葉を借りるならば


『座った時点で勝っている』


ってやつです。





当時はなんちゃって韓流系だと言われていた俺。


飲みに行っても


「メガネがヨン様のパクりだー」


とか言われて


「俺の方が先にフレーム半分しかないメガネかけてますからああああ!!!残念ッ!」


とか言ってたのもいい思い出。






セグMAXライターL卵







そんな俺が、トイレも極力我慢して打ち続けた結果だが、


今覚えているのは・・・





余裕をもって用意したはずの軍資金10万を使い切り、


さらに財布の中の500円玉2枚を1000円に両替して貰ってまで打って


それも打ち込んだところで


ホールを去ったことだけ・・・。





回転数にして3119回転。


「はは・・・119か・・・

ペ様は救急車にはねられて死ねば良かったのに・・・

救急車呼んで欲しいのは俺の方だわ・・・」


と思ったので、


これから先もこの回転数は忘れられないだろう。


俺のパチンコにおいての人生最大ハマリである。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
L卵日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト