タカ日記第百三十九話♪

【タカのパチンコ日記】
金狼のタカ 第9話



先日、部屋を模様替えしようと掃除していた。


すると、





幻聴が聞こえてきた。




最近、負けすぎたせいか…?





「おいおい、いつまで箱の中に入れておくんだ?」


…なんだろう?


「そろそろ俺の力が必要なんじゃないか?」


そういや、何かネットで買ってたかな…


見てみると…




メシウマガロ日記


ザルバだった






ザルバ「やっと開封したか、負けまくっているんだろう?」


「俺が勝てそうな台を選んでやろうじゃないか」






なっ何!?


ザルバがホラーの気配を感じるように、


大当たりの気配を感じてくれるだと?


よ、よしっ!


今週は勝てるぞ!!





※タカ注:負けすぎておかしな事を言っていますが、

どうか「無邪気に遊ぶ子供を見るような」微笑ましい気持ちで読んで頂けると助かります。




[広告]
[広告]






早速ザルバを身に付け、朝イチの並びに加わる。


そして番号は




メシウマガロ日記1




開店30分前にこの番号ってどういうことだよ。


そこまで優良店じゃねぇはずだぞ!?


日曜とはいえ今日はザルバが付いてる。


当たってくれる台を選んでもらうだけだ…


(とか言いつつ前日下見してた僕…休日なら釘を変えないと思ってね)





まぁこの番号だ、狙い台なぞ無意味。


ザルバ任せにしよう。





ザルバ「こいつだ!!!」


と言われた台に座る。(とか言いつつ狙い台の隣を確保)





座って気づいたが、前に座った液晶がおかしい台だ。


※ちょっと写真の写りが悪いかもしれません


なんでこの台をチョイスしたザルバ…





[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆