タダタカ日記第二十八話♪

【タダタカのパチンコ日記】

バラエティーコーナーにありそうなパチンコ





お疲れ様です、タダタカです。


今期もこの回を含めて残り3話ですか・・・


早いものです。




正直な話、


色々プライベートでもドラマがありまして、


パチンコに気持ちが入っていないところもありましたが、


残り3回、気を引き締めていきたいと思います。




・・・気を引き締めると言っても、


相も変わらず珍古台を打つだけですけどね。




出張があり、車のある実家に帰ってきていた、この日。


目的の台を求めて、


その車を使用して移動。


今回の珍古台はコイツだ!!




ある


あるにはあって、


万全に稼働出来る状況ではあるんですが・・・


この台、定量制でした。




[広告]
[広告]






定量制とは、


ある一定の出玉に到達すると、遊戯強制終了となる仕組みです。


羽モノなんかで昔よくあったシステムですね。


(実はタダタカが遭遇したのは今回が初めて)




今回のお店は10,000玉の定量制でした。


更に、定量制のシステムは店によって様々で、10,000玉の例を挙げると、




例:A店・・・


一回の連チャンで10,000玉を超えた場合連チャンをしたら、

リセット、遊戯は続行可能。




次の連チャンも同様に10,000玉まで連チャンしたら、

リセット、遊戯は続行可能。




例:B店・・・


一回の連チャンで10,000玉を超えた場合、

連チャンはリセット、遊戯終了。




一回目の連チャンで10,000玉未満で、

それ以降の連チャンで合計出玉10,000玉到達した場合でも、遊戯終了。




お店によって違うらしいので、ココはお店の定員に確認してみて下さい。


僕が行ったお店はA店のルールでした。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
タダタカ日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト