パチプロ千寿日記第十九話♪



今まで千寿はパチンコで生活していることで、


読者さんから、たくさんの方のメールを頂いてきました。








「パニック障害は甘えだ。」

「働きたくないだけ。」

「気持ちの問題。」









こういったメールを頂く度に、


パニック障害という病気が全く理解されない事を悲しくも思ってきました。


「働けるんであれば普通に働きたい!!」


それが千寿の首尾一貫した思いです。




でも現実問題、


いつ倒れるかもわからない人間を雇ってくれる会社なんて、まずありません。





そんな中、


私の知人が独立して会社を興しまして、


「手伝ってほしい」


と、言われました。


去年から何度か言われていたんですが、


私はずっと断っておりました。





なぜかと言えばやはり、


病気により迷惑をかけたくなかったから。


迷惑を掛けるのが目に見えていたからです。






[広告]
[広告]




その人は私が病気という事も、


それを理由に断ってる事もわかっていました。


そこで最近になって、一つの提案を受けました。




「完全に自分のペースで、

本当に体調が悪くなくて、

時間がある時だけで良いから手伝って欲しい」




私は本当にそれで良いならと、


ありがたく働かせてもらうことになりました。





[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆