まるみん日記第三十五話♪



……の前に、


少しだけ牙狼の話だ。


先週の会社帰り、7時半。


いつもの通りにホールに入店し異変に気づいた。


私の通うホールには魔戒ノ花が無くなっていて


しばし呆然としてしまった。


五代さんがいつか日記に書いてたのは、これか……。





リユースとやらの為にメーカーに返しちゃったのか。





年末まで打たせてもくれないなんて、どういう了見なんだ、ホント。





ーー分かっていたつもりだった。


だが、居なくなって痛感する、その存在感。


思ってたよりずっと大きい、喪失感。


マジか・・・。





私はガロマスターじゃない。


ガロが好きかどうかと聞かれても、


答えに困るほどガロに対してこだわりがなかった。


だけど、いろんな台に手を出して


クッソ負けた後は、大抵ヤケクソみたいな感じでガロに座った。




[広告]
[広告]






傷を広げたり


たまにまくったり、


まるで、


その日のパチンコに結論を出すための様な感じでガロを打っていた。


これから先、


クッソ負けた後、


何を打ってパチンコを締めたら良いのか。





あぁ、知らなかった。


私もなんだかんだ、牙狼が好きだった様だ。


…バカ。





……妙にセンチメンタルな気持ちになった私はホールをうろうろし、


「天板からガロが出る」という理由だけで、


「牙狼〜闇を照らす者〜」


に座って打ち出しを開始した。





[広告]


★☆★☆次ページへ★☆★☆