ハマリオ日記6期目55話


動きがあったのは227回転の2回転前。


ライブゾーンに突入し保留がへ。


しかし、ここで強烈な便意をもよす。


液晶の熱い展開が気になったものの、


俺の黄門も熱い展開になったので、慌ててトイレへ駆け込む事にした。




男子トイレと女子トイレの入り口が紛らわしく、一瞬は間違えかけたが、


微かな理性と人としての尊厳を頼りに、男子トイレの個室に駆け込み用を済ませた。


危ない、危ない。


しかし、さらなる緊急事態が。



かっ、紙がない。

どこいった紙8!!



笑えないギャクに一人失笑し、冷静になってみた。


勘弁してくれ。


冷静になるほど焦ってきた。


しかし考えれば考えるほどに考えることが無意味であることを思い知った。


考えても仕方ないので、


清水の舞台から飛び降りるが如き覚悟で・・・





何食わぬ顔でズボンを上げ、


隣の個室へ移動した。


カミはここにいた。


そして運が付いた。




心の平穏を手に入れ、ため息をついていると、台はどうなったという心配が浮かんできた。


落ちつかないトイレだな。


心の中で呟きながら台へ戻った。


慌てて行くのも見っとも無いので、悠々と向かった。




すると、店員さんがハンドルを握ってくれている。


おおっ、当たりか。


いやはやどうもどうも、といった表情で戻ると


液晶が【アンコールボーナス中】



ちゃんとパカパカ狙った?


と店員にアイコンタクトをとってみると、満点の営業スマイル。


『ICカードは気をつけて下さいね♪』


と、的確な助言をして去っていた。


ありがとう店員さん。





この玉では繋がらずに追加投資で回していった。


すると282回転目の変動時に右手に違和感が!



あっ、手を洗うの忘れた!



のではなく、ぽぽぽぽと違和感。


エアバイブか。


これが全回転となった。




全回転




これで幸先良く連荘を伸ばすかと思われたが、


4R→8Rで終了。


勝てる気がしない。


この玉もあっさり飲まれて、激アツ演出(俺の主観)をハズス時間が続いた。


Vを外す前に図柄が外れていては話にならない。





次の当たりは574回転目。


ゼブラーマンからの単発。



ゼブラ



続いて49回転目にも単発。


・・やっぱ勝てる気がしない。


アンコールボーナスとは言うものの、これをアンコールしていたら勝てるわけがない。




しかしここで希望の光が。


25回転目に出玉無し確変から4R→4R→8Rと連荘だけ伸ばした。


手元には限界にカチ盛りした一箱!


よっしゃあ、いくぞおお!!


(・・・勝てる気がしない。)





次の当たりも275回転で単発。


もう駄目かと思ったが、ここで起死回生の秘策。


ラーメンオスイチを狙いに行く、と同時に推しメンを変更。




板野さんに変更。




彼女にしたのはちゃんとした理由がある。


色々と推しメンを変更しながら打っていて気付いたのだが、


擬似連時に推しメンキャラが出てきて、掛け声を出すのだが、


この時の板野さんはあまりやる気が無い。(ように見える)


よってハズレても許せる。(気がする)



なんていうか俺は、あまりやる気の無い無気力な感じの板野さんのような女性が好みなので、


ああいった声色の女性に弱いのだと思う。


※実際に板野さんがどういう人物であるかは一切不明です。





★☆続きを読む!!★☆




ハマリオ日記トップに戻る

パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト