公開日:

ゴト被害にあった牙狼シリーズ!


MAX編集部ノッチ


最新台のP牙狼月虹ノ旅人の人気が衰えをしらない。


大工の源さん超韋駄天に続いてパチンコ業界に大きく貢献した機種であるのは間違いが無い。


年末年始にかけては、P牙狼月虹ノ旅人の増台や遊タイム無しの新スペックがリリースされる。


一見するとそんな順風満帆な牙狼シリーズだが、実は黒歴史もあったりもする。


ゴト行為により短命のリリースになったその台の名前は…


CR魔戒決戦牙王RR(2013年1月リリース)


大当り確率:1/240


連チャン突入率:50%


連チャン継続率:82%


遊タイム:なし


時短システム:大当り後0or100回転(魔開チャンス)


この台を知ってる皆様はどれくらいいるのか分からない…。


恥ずかしながら筆者は打ったことが無い。


ちなみにどのようなゴト行為で撤去を加速させてしまったのかと言うと…。





糸付き玉ゴトである。



この行為を詳しく説明する訳にはいかないので、さわりだけ。


①魔開チャンス中のセグ表示を確認する。


②転落セグが出た場合に糸付き玉を使用することによりV入賞を回避させる。


③結果的に魔開チャンスを繰り返す事象が起こる。


その他にどつきも有効になるので、過去に一番ゴト師に狙われた牙狼シリーズとなる。


「どつき」というのは台を叩く行為である。


海物語コーナーでよくご年配の方達がリーチの時にどついている。


あれは完全なオカルトで…いわゆるジンクスの類。


近くにいる打ち手の皆様でご不快な思いをした方もいるかもしれないが…。


が、この牙狼に関するどつきは完全にゴト行為。


大当たりを誘発させる行為であり、犯罪である。


厳密にいえば、ジンクスだろうがオカルトだろうが海物語のどつきも犯罪。


パチンコ店側が許せるか許せないかの判断になると思うのだが、牙狼は絶対にダメ。


そのようなゴト行為を発見した場合は当然出玉は交換しないし、警察沙汰になる事はほぼ間違いないだろう。


当たり前の話だが、ゴト行為を誘われたとしても賢明な皆様にはどうかそのような上手い話には乗らないで欲しい。



その他のパチ&スロブログ↓

にほんブログ村






応援メールはこちら
MAXライター応援掲示板はコチラ
当サイトトップページ


サイトトップ

【人気日記】パチンコパチスロ!


毎日23時更新!濃厚パチ&スロ日記♪