川藤日記CR牙狼♪

【川藤のパチンコ日記】



コッ


コッ


コッ


ドサァ


カチッ


スー…


ぷはぁ〜〜〜〜〜


どうも、川藤です。


いや〜、最近どうですか?


川藤は相変わらず色々とアレです。


でも、MAXも色々大変そうですね。


他のライターさん達も一生懸命日記を書いている。


…川藤は?




川藤は日記を全然書いていない…


でも忠犬ハチ公並みに義理堅い川藤は、自分には何が出来るのか?と考えました。


まぁ…日記書けよって話しになるんですけど。


でもほら、それは川藤の懐がさ…


無い袖は振れないのよ。




なので密かに暖めていた企画をやってみることにしました!


題してっ!


「完全フィクションのパチンコ日記」!!!


ですっっっ!!!!!


…意味が分からない?


えー…説明しましょう。


MAXのみならず、パチンコやスロットの日記や文章って、まず実践ありきですよね?


まず実践して打ってきて、その事を書く。


これが稼働日記です。


じゃあもし、その稼働の部分を全部自分で考えてみてやってみたらどうなるだろう?そう思ったのが発端です。


まぁ稼働日記って極端に悪く言えば、「パチンコ打った事の報告」なんです。


極端に言えばですよ?


もちろんその稼働っていう縛りの中で書くから面白いものになるということも分かっております。


でもその縛りをバァーっと外してもいいんじゃないだろうか?


そろそろニュージェネレーションしてみよう、と思ったのです。


本物の稼働日記として、ではなく最初からフィクションと思って見れば新しい形が出来るのでは無いだろうか?


そうです、挑戦です。


川藤は普段全然小説も読まないし、書いた事なんてもちろんありません。


だからこれからどうなるか分かりません!


まず書き切れるのかすら分かりません!


でもやってみようと思います、まず広い心!


広い心で読んであげて下さい!


目指すは小説!


いや書籍化!!


ベストセラー!!!


ミリオンセラー!!!!!


印税!印税!!印税!!!


…小学生が作文書いてきたと思って読んで下さい。
※以下は小説なので文字装飾は作者の意図と違う場合がございますので、控えさせて頂きます。

【広告】




でー♪でー♪でー♪で、でー♪てれれー♪てれれー♪


人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって


すでに半世紀が過ぎていた


地球のまわりには巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり


人はそこで子を産み育て


そして


死んでいった


違う違う違う、これじゃないです。


これだと完全に著作権に引っ掛かる、違うんです。


ん時はぁ〜…


世紀ぃ末ぅ…


…これも違う。


今度こそ!今度こそ!


「荒野のカワトウ」始まります!


デンデケデ〜ン♪


時代は2119年、今からちょうど100年後。


世界的に見れば人類の技術力はかなり進歩した。


地球環境も悪化の一途を辿るのではなく、そこそこの状態を保っていた。


が、


愚かな人類は過去の経験を生かせず…戦争が始まった。


小さな国と国との争いが次第に世界中を巻き込んでいった。


50年


50年もの間争いは続いた。


それにより大規模な戦闘は終結したが、その後も紛争や内線はずっと続いてしまった。


だがその争いもやっと、とりあえず終結した。


それが10年前。


少しずつ復興してきた町、人々は充分な生活では無かったが、助け合ったり時にはいがみ合ったりして暮らしていた。


そんな地球の小さな島国、日本の復興し始めた西の都で、この物語は始まる。


もちろんMS(モビルスーツ)も出てこないし、コロニーも宇宙(そら)から落ちてはこない。


伝説の暗殺拳とかも出てこない。


…たぶん。


そんな感じの物語。


人々は弱々しくも、強く生きている。


あの戦争を終結させたものが、どんなものかも知らずに…


コッ


コッ


コッ


カチッ


スー…


ぷはぁ〜〜〜


俺はユウ・カワトウ


ご覧の通り、軍人さ。


元だけど。


退役して、何個か仕事を点々としたが、中々上手くいかなくてね、


今はまぁ…浪人というか、プー太郎というか…


そう風来坊!風来坊さ。


こんな時代でも煙草はあるのさ、そして煙草はうまぁぁぁい。


でもとにかく腹が減った…


この三日間水と草と煙草しかたべてない。


米…米が食べたいんだ。


ポケットをガサガサ…


入っていたのは、煙草数本、ライターと


一万トミー札(現代の一万円札)と小銭、そして…


身分証カードと親父の形見の懐中時計


これが俺の全て、か…


だがもうすぐ西の都だ、あそこはかなり賑わってるらしいし、仕事もあるだろうし、何とかなるだろう。


おっ、あの明かりが西の都だな。


ガヤガヤガヤ…


らっしゃいらっしゃい!


ウチの雑炊は肉が入ってるよー!


オニーサンいらっしゃーい!


サービスしちゃうわよ(ハート


闇市の様な感じだが、なんか良い感じの町である。


まずは豆腐丼でも食べて腹を満たそう!


旨い!安い!速い!


こんなに嬉しい事はない…


三日ぶりの米をかっ込む。


旨かった…さてどうするか。


カチッ ふー…


煙草を吹かしながら町を歩いていると…


ジャンジャンバリバリ!ジャンジャンバリバリ!


いらっしゃっせー!いらっしゃっせー!


「パーラーオカベ」


キラキラビカビカと輝いたネオンの店があった。


パチンコ…か


そう、この時代でもパチンコは生き残っていたのだ。


戦争終結後のゴタゴタやらに便乗して、日本全国いや世界に広がった。


更には現代のような規制なんて全然無し!


消化スピードは音速!


1/1000で図柄揃った瞬間に万発出て、それが確変ループする台。


スロットも一撃万枚なんて当たり前、純増50枚の台もある。


ミリオンゴッドではなく、ワンハンドレッドミリオンゴッドという台が大人気である。


【広告】




そして全てにおいて…


「自己責任」という文字が台にも店にも至る所に書いてあった。


そう、規制は無くなったがその分ハイリスクハイリターンの正にギャンブルとしてパチンコ業界はそのシェアを全世界に広げていたのだ。


プシュー(自動ドアの音)


ジャンジャンバリバリキュインキュインガコッ!ジャンジャンバリバリキュインガコッ!ジャンジャンバリバリキュインガコッ!


店中に騒音が鳴り響く、打ってる奴らの目はギンギンだ、正に鉄火場という言葉が相応しい。


全財産は一万トミーだ、これが無くなり、更に仕事に就けなかったら…


不安はもちろんある、怖いさ。


でももうこうなったら打つしかない、勝てばいいんだよ、勝てば。


だがもちろんハイスペックの台には座れない。


ここはある程度確率が軽くて、しかも爆発力のある適度な台を…


座ったのは


・パチンコ、必殺黄色騎士


戦前からある老舗パチンコメーカーの強楽&Dから発売された人気機種だ。


スペック


・1/300


・確変突入率50%


・継続率70%


・図柄が揃えば全部16Rで1500発


この台の最大の魅力は確変突入した電チュー消化時である。


電チューで消化しているときの当たりの振り分けに特徴がある。


・電チュー振り分け


20%→通常


40%→確変継続


30%→大当たりラッシュ


この30%の大当たりラッシュがこの台の肝。


一度この大当たりラッシュに入れば、第二電チューが開く!


そしてこの第二電チューはアタッカーの役割も兼ねている。


つまりこの大当たりラッシュは、電チューがパカパカするのと同じように常にアタッカーが開き続ける!


もう大当たりラッシュにさえ入ってしまえばもう常に玉が出っぱなしなのだ!!


考えてみて下さい、今ある小当たりラッシュが小当たりではなく、大当たりのアタッカーが開くのを!


バンバン開くアタッカー!


液晶で黄色騎士が負けるまで無限に玉が出てくるこのシステムで一世を風靡している台だ。


よし、コイツにしよう。


ドサァ、と席に座りまず台横のサンドに一万トミー札を入れる。


そしてレートを選ぶ。


この時代パチンコは全部の台でそれぞれレートが選べるのだ。


レートは店毎に変わるが…ここは1円〜10円までか。


まぁここは王道の4円にしよう。


ガコンップシュー(台に付けられているヘルメット型ゴーグルを付ける音)


ヘルメット型ゴーグル




このヘルメット型ゴーグルを付けることにより、まるで自分がこの台の主役、黄色騎士になったかのような疑似体験が出来るのだ。


そしてハンドルではなく、台に両手両足をガチャンとセットするのだ!


※画像、台とドッキング




これにより360oが黄色騎士の世界。


視覚、聴覚、触覚がパチンコ台と同化していく。


スー…と深く息を吸う。


思い出してきたぜ…あの戦争で闘っていた頃の様なあの緊張感、死と隣の合わせの感覚がな…


カワトウ、行きまーす!!!


この台の演出はシンプル!基本的にボスが出てきて倒せれば大当たりだ!


だがボス中々は出てこない、雑魚を倒して行く中でボスを見つけ出す!


今のパチンコで言えば見つけるまでが疑似連だったり、背景予告だったり。


そしてボスが出てきたら、対決!これがリーチになり、その相手がリーチの種類。


リーチ中もこちらの武器だったり、どの攻撃が出来るかとかがチャンスアップだ。


たまに出てくる雑魚を倒していくと…