京楽産業の機種を徹底攻略♪


この日記の2ページ目です。



AKBの後ろにウルトラ6兄弟が設置されていたんですよ。


で、ただの新台なら無視するんですが・・・


AKBよりもヘソが開いていたんですよね。


ただ、自分が打っているAKBほど左の釘はプラスではないと・・・


実際に打ってみないと分かりませんが、若干ウルトラ6兄弟の方が回る可能性は高そうに感じるかなと。


ただ、ボーダーはAKBよりも高いと・・・


まあとりあえず打ってみますか!


新台ですし。


という訳で台移動でございます。


553回転からスタート


ウルトラ6兄弟も通常時がかなり早いですね。


仕置人やまどマギはボーダーが高いということに加えて通常時の変動が遅いので回転数がかなり高くないと話にならないんですが、


これだけ通常時が早いと今後も打つ可能性はあるかもしれませんね。


面白くないけどな!!




【広告】




まだそんなに打ち込んだ訳ではないので印象が変わる可能性もありますが、どうにも面白くない台の匂いがします。


甘デジ日記




タイマーが出てきて


甘デジ日記




擬似3まで行って


甘デジ日記




紫保留で


甘デジ日記




当りじゃないよ!!


甘デジ日記


甘デジ日記


甘デジ日記




弱リーチ外れ


みたいな流れを延々と繰り返していく。


隣の台はよく後半発展していましたが、割と普通に外していました。


で、当る気配が全く感じられないままの923回転目


甘デジ日記




変動開始時にPフラw


いや、カスタム何もしていないんですが・・・


基本的に飯田は何もカスタムしない派です。


演出バランスが良いかを見たいというのもありますが、演出で煽られたい派なので。


もう当りは確定してしまいましたが、


甘デジ日記




赤保留になって


甘デジ日記


甘デジ日記




今まで見たことがない演出がきて


甘デジ日記




こんなに予告複合させなくてもいいと思うんですが・・・


甘デジ日記




役物が出てきて


甘デジ日記


甘デジ日記


甘デジ日記


甘デジ日記




これだけ固めて当られると予告がかなり複合しないと当らないのではないかと思ってしまうんですよね。


もう少し打って他の当りパターンを見れば印象が変わるかもしれませんが・・・


まあ演出的な文句はさておき、Pフラが鳴っていたので無事にラッシュに突入です。


甘デジ日記




おいおいおい!!


早すぎるでしょ!!


何にも煽られることのないまま50回転が過ぎてしまいました。


甘デジ日記




残り40回転で赤カットイン!


今まで何一つ予告が来なかったということはテンパイすれば相当熱いはずだ!


甘デジ日記




無事テンパイして、


甘デジ日記




期待度は高くないけど大丈夫でしょ!


【広告】




テンパイすれば激アツのはずなんだから!


甘デジ日記


甘デジ日記


甘デジ日記


はい、出ちゃう♪




甘デジ日記




は?


甘デジ日記




はあぁぁぁ〜〜〜!?


いや、たぶん熱くなかったんでしょうね。


でもこの外れ方を見た時にやはりこの台は面白くないんだろうなと思いました。


決して連荘しなかったからとかではないですよ!


あくまで客観的に見てのお話です。


とりあえず85%継続のラッシュで単発でした。


携帯の充電も切れました。


僕の中で何かが切れてしまいました。


では、展開と結果です。


・機種


ぱちんこAKB48 ワン・ツー・スリー!!フェスティバル【京楽産業】


・展開(回転数は時短込み)

回転数 連

136 13連

147 ヤメ


・機種


ぱちんこ ウルトラ6兄弟


・展開(回転数は時短込み)


回転数 連


923(553回転スタート) 単発

846 ヤメ


・結果

投資 2500玉

回収 ないよ!

収支 -7500円


千円辺り回転数 約26回転(AKB・ウルトラ6兄弟共)


交換率 33玉


一応最終話ということだったので勝利で終わりたかったところですが・・・


まあ仕方ありませんね。


しかし、回転率が同じなのであればAKB打っておいた方が良かったな。


ボーダーラインもAKBの場合きちんと打てば18を切ります。


一応打ち方を書いておきます。


・小当り時の打ち出しタイミング


Vを狙っての掛け声の後、アタッカーが一回開くのを確認した後1拍開けて打ち出し開始。


7or8カウント入賞した時に打ち出し止め。


タイミングは各自調整してください。


・大当り中の止め打ち(上アタッカー)


オーバー入賞の確率が尋常ではないレベルで低いので5?6カウント入賞の瞬間に打ち出し止め、10カウント目まで1発ずつ丁寧に打つべし。


・大当り中の止め打ち(下アタッカー)


賞球数が低いことと無駄玉が出やすいことの2点の理由でこちらも10カウントできっちり止めれるように打ち出しを調整。


こちらは右の釘によって多少止めるタイミングが変わりますが、4個目入賞時点で一度打ち出しを止める方が良いと思います。


・ラッシュ中の止め打ち


基本的に1発打ち。


保留の数を確認しつつ、保留が満タンになれば打ち出し止めでOK。


こんなところでしょう。


ウルトラ6兄弟に関しては技術介入要素がかなり薄そうだったのでボーダーが20を切ることはほぼ無いと思って良いと思います。


新台でネタになるからと思って打ちましたが、本来打つべきレベルの台ではなかったというね。


唯一の救いは投資が貯玉の再プレイ範囲内で収まったところだけですね。


とりあえず来期も同じような形で稼働していくと思いますので今後もよろしくお願いします。


一点だけ変わる可能性があるのが、たぶん来期からはスロットの稼働も入れていくことになると思います。


基本的に稼働のメインはスロットになっていますので・・・


スロットの話になると今以上に数字についてのお話が増えると思いますがどうかご容赦下さい。


それではまた来週お会いしましょう!!


ライターに続きを書くやる気を!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

ライター仲間になりませんか?
パチンコパチスロ日記



応援メールはこちら
MAXライター応援掲示板はコチラ
パチンコパチスロ日記のMAX