五代日記第五十六話♪

【五代のパチンコ日記】
三田村邦彦の黄金週間




はじめましての方こんにちは。


また来て下さった方ありがとうございます。


友人なんて、ほぼいませんが、


ノリ打ちをしに行くパチ友なら2人ほどいます、



五代です。





そのパチ友のうちの1人は、


あたしにパチンコを教えた、大学時代のバイトの先輩。


この人と出会わなければ、


あたしは一生、パチンコのハンドルを握ることはなかったであろう。


この人との出会いが良かったのか悪かったのかは、


神のみぞ知るである。





もし、この人と出会わず、


パチンコを知らないで生きていたら、


あたしはきっと違う人生を歩んでいただろう。





パチンコを打たない人生と、


パチンコ狂いの人生。


一体、どちらの人生の方が、幸せだったのだろうか?


たまにふと考えることがある。





パチンコを打たない人からすれば、


絶対に前者の方が幸せだと言うだろうが、


そうとも限らない。




[広告]
[広告]




パチンコで、


激アツが訪れた時のあの高揚感、


ST終了間際で当たりを引いた時のあの興奮、


大連チャンしている時のあのイケイケ感、


パチンコを知らない人生で同じような感覚を


果たして頻繁に得ることなどできるのだろうか?





それに今であれば、あたし、


パチンコを打つ人生で良かったと心の底から思っている。


だってそれは、、、


こうやってセグMAXのサイトを通じて






ユーザーの皆さんと出会えたのだから。









くぅ〜!!!

くっさいねぇ〜!!

五代君くさ過ぎるよぉ〜!!!





1人エッチをした時に放出されたスペルマを包んだティッシュを


三日後ぐらいに嗅いだ時と同じぐらいの臭さだね!!





ということで、第56回目の日記になります。


今週もどうぞ宜しくお願い致します。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆