五代日記第百四十五話♪

【五代のパチンコ日記】
第145話 あしたのジョー Light




はじめましての方こんにちは。
また来てくださった方ありがとうございます。


普段、甘デジはあまり打ちませんが、


「今までの甘デジ台の中でどの台が一番好き?」


と聞かれたら、



迷うことなく、


『CRあしたのジョーLight』と答えます、五代です。



第145回目の日記になります。
今週もよろしくお願い致します。



京楽作品のCRあしたのジョーLight、
あれはかなりの神台でありました。



★スペック
■大当り確率
1/99.9

■確変中確率
1/11.6

■確変突入率
100%
※5回転まで

■大当り振分け
【ヘソ】※通常時
15R確(ST5回+時短94回):4%
15R確(ST5回+時短0回) :20%
5R確(ST5回+時短0回) :46%
1R確(ST5回+時短0回) :30% ※サポ非作動


【電チュー】
15R確(ST5回+時短94回):24%
5R確(ST5回+時短94回):76%



[広告]
[広告]




仕組みとしては、


ヘソからの当たりは、ほとんどがST5回+時短0回。


そしてヘソ大当たり後に突入するST5回転の力石少年院戦で
1/11.6の当たりを引くことができれば、


以後は必ずST5回+時短94回が付くJOE RUSH(実質継続率75%)に突入する


という、いわゆるST突破型の台でありました。


なので、甘デジというか実質はミドル機なんですけどね。




このJOE RUSHに突入するためにはハードルがなかなか高いのですが、
一度RUSHに突入してしまえば爆発力もあるし、
それはそれはちょー楽しい台でありました。


最初のST5回転は力石とのバトルで、
テンパイするだけで十分熱いし、


ST5回が抜けても通常確率は1/99なので、
時短94回で十分引き戻せる。




この台を打ったことのある人ならお分かり頂けると思いますが、


JOE RUSH中の「紫保留」とか、
多分信頼度20%も無いんだけど、
大当たりに結構絡む絶妙なバランスだったし、


JOE RUSH中に金の羽がクルクル回った時(確かテンパイ煽りまで濃厚)のワクワク感はたまんなかったし、


JOE RUSH中に普段は攻撃を受けてばかりのジョーが
いきなり相手に殴りかかり優勢(テンパイまで濃厚)になったり、


JOE RUSH中にテンパイ煽りがガセってがっかりしていると、
カーン!とゴング図柄が落ちてきて擬似連となり一気に激熱となったり、


JOE RUSHの時短中に
力石、段平、青山、ホセ(ラスト5回転以外)が対戦相手に出てきた時の高揚感はこれまた堪らなかったし、





あとは何と言ってもJOE RUSH中に流れる『孤独のDreamer』



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆