五代日記第九十八話♪

【五代のパチンコ日記】
当たり前の話




はじめましての方こんにちは。


また来てくださった方ありがとうございます。


パチンコのプロではありませんが、


本業の仕事もプロではありません、五代です。


まぁ、自分の本業の仕事、大嫌いですからね。


生きていくため、


パチンコをするために、


働いているだけですからね。


やりがいも無ければ目標も無い。


そんな人間が仕事のプロになれるはずがありません。





はい。


ということで、第98回目の日記になります。


今週も宜しくお願い致します。


そんなダメサラリーマンのあたくしですが、


先日、ネットで、


他の人と差をつける仕事術


という、何やら仕事で役立ちそうなことが書いてある記事を見つけました。


いかにも雑誌プレジデント等で、


特集されていそうな内容ではありますが、


まぁ、あたしも、そろそろ仕事と真面目に向き合わないとなぁー。


いつまでもパチンコのスペックや演出を熱心に覚えるだけじゃ、


社会人として失格だよなぁー。




[広告]
[広告]





そんなことを思い、


どれどれ〜


と、その記事を読んでみると、


以下のようなことが書いてありました。





・「何となく」だけで発言しない。



・仕事は与えられるものではない。
 取りに行くものだ。



・仕事ができない人は、
 ぎりぎりで出社する。



 仕事ができる人は、
 余裕を持って出社する。



・仕事のできない人ほど
 残業をする。





・・・・・。

読むだけで、目が痛くなってくる…。




そして書かれていた仕事術の中で、


1番最後には、こんなことが書かれていた。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆