五代日記第百三話♪

【五代のパチンコ日記】
夢想転精




はじめましての方こんにちは。


また来てくださった方ありがとうございます。


今まで生きてきた中で、


夢精をしたことは一度もありません、五代です。





寝ている時に、けっこーエロい夢を見る日もあるのですが、


起きてみたらフィニッシュしていた、


なんてことは、体験をしたことがありません。


夢精をした場合、一体どのような感覚になるのだろうか?


朝起きてみたら、やはり気持ち良いのだろうか?





それとも、


朝起きてみたら、パンツがカピカピでやはり気持ち悪いのだろうか?


あたしも早く、


「夢で想ったことを精に転ずる」という究極奥義の


「夢想転精」を身に付けたいものである。





はい!


ということで、第103回目の日記になります。


今週もよろしくお願いします。





モンちゃんがしばらく日記をお休みされるらしい。


先日のモンモン日記25期目の最終回でそう書かれていた。


こないだの最終回日記が250話ということなので、


年数にして5年以上、ほぼ毎週のように日記を書いてきたということか。





大変偉大な人である。


このマックスというサイトを支えてきた功労者とも言えよう。


素直に尊敬する。


我々はほんとに…


惜しい人を亡くしたものだ。




[広告]
[広告]




そもそも私含め他のライターが今現在、


何も気にせず安心して下ネタを書けるのは、


全て彼のおかげである。





モンちゃんがいつもあんな卑猥なことばかり書いているからこそ、


モンちゃんがいつもあんなくだらんことばかり書いているからこそ、


本サイトでの下ネタのボーダーラインが下がり、


我々他のライターは、


こうして平穏無事にピンクネタが書けるのである。


しかし、そんなモンちゃんもデビュー当初は大変だったらしい。





「クンニ!クンニ!」


「テンガ!テンガ!」


「ぶっかけるぞ!!」





デビュー当初から、


このような頭の狂った発言をしまくり、


ユーザー様から…


めっちゃ叩かれたらしいwww




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆