五代日記第百三十四話♪

【五代のパチンコ日記】
若気の至りだっちゃ!




はじめましての方こんにちは。
また来てくださった方ありがとうございます。


今までの人生の中で、



最も楽しかった時代は、



中学2年生の時であります、五代です。



第134回目の日記になります。
今週も宜しくお願い致します。



一般的に、中2の時が一番楽しいとはよく言われますが、



自分もそれに違わず、


この時代の14才の時が一番楽しかったと思います。



クラスのメンバーとかにも恵まれていて、
学校に行くのが普通に楽しかったです。


もう100回以上もここで日記を書いてきているので、
皆さんあたくしの性格とか何となくお分かり頂けると思いますが、


自分は、


そこまで前にはしゃしゃり出たくはない。


だけども目立ちはしたい。


という、少しこじらせた自己顕示欲が強い性格なのですが、


この中2の時はそんな自分の性格が
とてもマッチするような恵まれた環境でありました。



[広告]
[広告]





さらに、



初めて彼女ができたのもこの中2の時。



その彼女の名前をここでは、
ラムちゃん(高橋留美子繋がり)と名付けるとしよう。



ラムちゃんは隣のクラスの女の子であり、


一緒に下校をした時には、


歩く方向が10分ぐらいしか同じではなかったのですが、


その10分の間だけでも一緒に手を繋いでいられることに、


ほんと、胸がときめきメモリアルでした。


ラムちゃんとはエッチはできなかったけれど、
あたしのファーストキスのお相手はこの子でした。


まだ風俗とかパチンコとかを知らない純粋な五代青年が
人を心から好きになることができていた時代です。



でも、



ほんとどういうわけでそうだったのかは分かりませんが、



このラムちゃんとお付き合いをしていた頃、



何故か、同じクラスの女子や、塾が一緒だった女の子が、

















おっぱいを凄く触らせてくれました。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆