五代日記第百二十三話♪

【五代のパチンコ日記】
11月11日乱舞




はじめましての方こんにちは。
また来て下さった方ありがとうございます。



初めてアダルトビデオを見たのは、
小学校6年生の卒業間近の時でした



五代です。



小学校の卒業式を控えたとある日、



あたし以外の家族が皆外出をしたので、



「うちの父上って、どこかにAVとか隠したりしてないのかな〜」



と思い、普段開けたことのない棚を開けてみると、



何もタイトルが書かれていない
いかにも怪しげなVHSテープを発見し、



「これはまさか…」


と思い、ビデオデッキに入れ再生してみた所…












そのまさかでありました。





第123回目の日記になります。
今週も宜しくお願い致します。




[広告]
[広告]







言わずもがな、今や情報化社会である。



インターネットの普及により、
我々が手にする情報量は、現在と20年前でははるかに違う。



今はどこにいても、
必要な時に必要な情報が簡単に手に入る。



便利な世の中である。



しかし、便利になった一方でその弊害もある。



例えば今であれば、



簡単にエロ画像もエロ動画も見ることができる。



これはこれで素晴らしいことであるのだが、



それでも思い出して頂きたい。



我々が学生だった頃、



ドキドキしながらコンビニでエロ本を買うために、
エロ本の上にカモフラージュでジャンプを載せてレジに差し出したり、



ドキドキしながら人目を気にして、
エロ本専用の自販機に向かったり、



どこからともなくAVが教室内で回ってきて
ドキドキしながら家路を急いだあの日の事を!



こういうことを経て、
青年は立派な大人になるというのに、



今の時代、このようなことはもはや経験ができなくなっている。



青年時代特有のあの素晴らしきエロ活動が、
情報化された今の世界では失われているだろう。



また、


今の情報化された社会では、



情報を簡単に取れるが故に、



「知っておかなければならない情報」が、昔にもまして増えている
といった弊害もある。



「知っていてあたり前の情報」を知らなければ、社会から取り残されてしまい、



故に、我々は昔よりも情報に敏感でいなければならない。



そしてそれは…











パチンコを打つ際にも同じ事が言えるのかもしれない。





[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆