五代日記第百四十六話♪

【五代のパチンコ日記】
第146話 君のポラリス





zzz…

zzz…

zzz…



…はっ!ここは!?



ノッチボス
「ちょっと、トミー。
なーに、こんな所でうたた寝なんかしてんの。
 今日はの大事な晴れ舞台でしょうに。」


…そうだった。
今日はにとっての特別な日であった。











僕の名はトミー。


MAXというパチンコサイトで編集長をしているちょっとキザな男さ。


そんな僕が今居るこの場所は…








五代君結婚式披露宴会場




ついに五代君が結婚をする日がやってきたのである。



その披露宴にお呼ばれした僕とノッチボス。


もう間もなくその披露宴が始まろうとしている。



[広告]
[広告]






しかし五代君もとうとう結婚かぁ。


彼がMAXライターになってから約2年半と長い付き合いになるが、



牙狼と北斗無双のパチンコ台しか愛せない男が、
人との結婚にまでたどりつけるとは夢にも思わなかった。



これも編集長冥利に尽きる。



ほんとにおめでとう。



やったね!五代君!!







だかしかし、



今居るここは…


もちろん…












五代君の妄想の中の世界。



結婚はあまりしたくないと言うくせに、
結婚式だけは絶対に挙げたいと言う五代君。



なんてこじらせた男なのだ。



だけども、僕は五代君の事が大好きだ。



ナダテココよりも大好きだ!



だから僕はもう少しだけ、
この五代君の妄想劇に付き合うことにしてあげた。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆