五代日記第八十六話♪

【五代のパチンコ日記】
牙狼三田村FINAL 完結編
〜アメイジング・グレイス〜




はじめましての方こんにちは。


また来てくださった方ありがとうございます。


プッチモニよりも、タンポポの方が好きでした、五代です。





♪土曜日〜 明日になれば〜

♪あなたとイチャイチャして過ごす日曜〜!



タンポポのこの歌好きだったんですよね〜


この歌のタイトルなんだったけなぁ〜?




えっと…




確か…








乙女紳士パスタに感動


でしたっけ?




はい。


ということで、第86回目の日記になります。


今週も宜しくお願い致します。





[広告]
[広告]










クリスマス




それは、あたしの大嫌いな行事。


決して恋人がいないからという僻みからではない。


小さい頃から嫌いなのである。




というのも、幼稚園の頃、




「ねぇママ!

どーすればサンタさんからプレゼントってもらえるの!?」





ママ
「は?サンタなんていません。」





がーーーん。



小さい頃からサンタはいないと育てられてきたあたくし。


ほんと、夢のない母君である。




だから、幼稚園で周りのみんなが、


サンタ!サンタ!って騒いでる時には、



んなもんいねーんだよ!!
現実を知らない愚か者どもめ!!




わずか5才にして既にリアリストであったあたしは、


心の中でそう思っていた。


大人になってもこのクリスマス嫌いは変わらず。



「キリシタンでもないくせに、

一週間後に神社で懸命にお参りするくせに、

イベント事に踊らされてるんじゃないよ!」



そう思ってしまう。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆