五代日記第百七話♪

【五代のパチンコ日記】
1/3の純情な偏り




♪壊れるほど愛しても〜


♪1/3も伝わらない〜


♪純情な感情は空回り〜


♪I love youさえ言えないでいる〜





♪マイ ハ〜ト〜



はじめましての方こんにちは。
また来て下さった方ありがとうございます。


シャムシェイドよりも
ラクリマクリスティの方が好きでした


五代です。



と言っても、ラクリマもたいして好きじゃなかったですけどね。



はい。ということで、
第107回目の日記になります。
今週もよろしくお願いします。



シャムシェイドの『1/3の純情な感情』が発売されたのって、
もう20年も前ですって。



月日が経つのは恐ろしいわ。



シャムシェイドは別に好きではありませんでしたが、
『1/3の純情な感情』は良い歌だと思う。



特に歌詞がね。



[広告]
[広告]




あたしが大好きだった初体験の相手
響子ちゃんとお付き合いしていた時は、
まさにこの歌の歌詞のような感じでした。



当時、パチンコも風俗も知らなかったあたし。



相武紗季を二倍ぐらい可愛くした響子ちゃん
それはそれはゾッコンでした。



夏休みとかには彼女の響子ちゃんに
毎朝、メールを送るあたし。


---------------------------
TO:響子ちゃん
FROM:五代

おはよー\(^o^)/


今日も大好きだよーヽ(・∀・)ノ
---------------------------




確かこんな感じのメールを毎日送っていてた気がする。




・・・・・。



…きしょいねー。


…きしょ過ぎるよねー。





でもしょうがないよ。


あたし、この頃まだだったし…。
それに響子ちゃんのこと、ほんと大好きだったし。



【壊れるほど愛しても1/3も伝わらない】



この時のあたしは正にそんな感じだった。


[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆