五代日記第百四十二話♪

【五代のパチンコ日記】
第142話 五代君の黄金週間 前編




皆さんは、


食事をしながらアダルトビデオをご覧になられたことはあるだろうか?


あたくしは…









ある。





あれは確か高2ぐらいの時の話。



とある日、
クラスの友人の家に男4人で遊びに行き、
泊まることになりました。



高2の17歳ぐらいであれば、
泊まると言ってもオールが基本で、


この日も寝ずに
みんなでかまいたちの夜のゲームをしながら遊んでいました。



で、深夜2時を過ぎた頃ぐらいだったかな。



その家の主が、


「なんか腹減らね?」


と言い出し、




皆が、


「小腹すいたねー」


と返事をしたので、




家の主
「じゃあ俺、チャーハン作ってやるよ!」



ということに。



[広告]
[広告]






かまいたちの夜を一旦中断して、
みんなでキッチンのある部屋に移動し、


その家の主は手際良くあっという間にチャーハンを炒めあげた。




「ほらよ」


と、5人分のチャーハンが用意されたのだが、
そのチャーハンはとても美味しそうな見た目と香りがしていた。



実はあたくし、



これまで日記には書いてこなかったのですが…



































チャーハンがソコソコ好きなのである。



いや…溜めて言うまでの話でもないのですが…
本当にチャーハンはソコソコ好物なのです。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆