五代日記第八十八話♪

【五代のパチンコ日記】
ギザギザハートの子守唄
〜逆転の発想〜




はじめましての方こんにちは。


また来てくださった方ありがとうございます。


『ギザギザハートの子守唄』よりも、


『夜明けのブレス』の方が好きです、五代です。




♪ケツの穴を守りたい〜

♪ケツの穴を守りたい〜

♪ケツの穴を守りたい〜




何のことか分からない方は、


【小出水 夜明けのブレス】で検索してみて下さいね。





はい。


ということで、第88回目の日記になります。


今週もよろしくお願い致します。





さて本日は、


2016年末に行われたセグMAX忘年会の模様をお伝えしたいと思う。





既に2017年の新年会も終わっている時期であり、


かつ、他のライターさん方がチャリパチ日記を書かれている中、


一人だけ時系列がおかしいですが、ご了承を。




[広告]
[広告]




■2016年12月 忘年会当日


忘年会はお昼からだったので、


最初はスタートと同時に参加するつもりだった。




だが、この日は土曜日。


翌日に稼働もしないといけなかったので、


午前中に次提出分の原稿を書ける所まで書いておこうと思った。


しかしこれが、全く、はかどらなかった。




途中まで原稿を書き、


ありぇ?
これ、文章の構成、メチャクチャじゃない?



そう思い、全て消した。




そして、ノッチさんに遅れる旨を連絡し、


文章の構成を練り直し、


前置きだけを書き終えて、昼過ぎに家を出た。




MAX事務所に向かっている最中、


やべぇーよー。
今回、原稿間に合うかしら??



そんなことを思いながら、


約2時間遅れで事務所に到着。





到着すると、既にほとんどのライターさんがいらっしゃった。


あたしは、部屋に入るやいなや、


駅中で3分で選んだお菓子を差し入れとしてトミーさんに手渡した。


するとその差し入れがまさかの…










とらどし氏の差し入れと全く同じお菓子であった。



しかも、あたしが用意したお菓子の方が、


一回りサイズが小さい。





トミーさん
「ふ〜ん。どうせこんなもんだよね。チミの心遣いなんて。」




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆