五代日記第百二話♪

【五代のパチンコ日記】
神奈川県の北斗の拳




はじめましての方こんにちは。


また来てくださった方ありがとうございます。


イカよりもタコの方が好きです、五代です。





第102回目の日記になります。


今週もよろしくお願い致します。





えっ〜と、


すいません。


今週はちょいとバタバタしていて、


原稿を書ける時間がいつもより少ないので、


さくっといきます。


いつものようなくだらない前置きとか小ネタは、


今回は、泣く泣く書きません。





また、原稿を書いている今が6/18なのですが、


今回は、その前日の6/17の稼働の模様をお伝え致します。





この日の稼働の前に、


もう一つだけ稼働のストックがあるのですが、


それはなかなかの展開になってくれたので、


時間のある来週に書きます。


時系列がずれますが、悪しからずどうぞ。




[広告]
[広告]




【稼働日記】


6月17日(土)


この日は、ちょっとしたアテがある日だった。


朝7時過ぎに家を出て、


電車に50分ほど揺られ、神奈川県の某ホールに到着。





アテというのは、


この日のこのホール、いわゆる、取材日であったのだ。


今や禁止となっているので、イベント日ではない。


あくまで取材日である。





そして、このホールは昔から北斗が強い系列のお店。


北斗7が打ちたいあたし。


座れれば、今日はもらった。


8時40分、抽選開始。


この時、パチンコの抽選だけで200名程が集まっていた。





近くにいた常連っぽいおばちゃんたちが、


「どうして今日はこんなに人が多いのかしら?」


と話していた。


さすがは取材日である。


こりゃ期待できそうだ。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆