ハーデスで引きまくった奇跡の日記

【五代のハーデス日記】





実践機種:アナザーゴッドハーデス
パチスロハーデス1





第167話 ハーデスでの初体験






はじめましての方こんにちは。
また来てくださった方ありがとうございます。


初体験は、





20歳の時でありました、五代です。



第167回目の日記になります。
今週も宜しくお願い致します。


【→すぐにハーデス稼働を読む方はコチラ】




「初体験は20歳です!」と言っても、


あっちの初体験の話ではないですからね。


初体験は初体験でも…







ベッドの上の運動会の初体験話です。



初めてベッドの上で運動会をしたのが20歳というのは、
当時の自分の周りからするとかなり遅い方。


大学生になってようやく童貞を捨てられたわけです。



自分が初めて運動会をしたのは、
3人目の彼女の時。



なので、本当はもう少し前に、
童貞を捨てられるワンチャンがあったわけです。



少し振り返ってみましょう。

【広告】







一人目。


中2の14歳の時にお付き合いした彼女。


この子のことは本当に大好きでした。


人を愛することができなくなった今の自分からすると
ビックリするぐらい、毎日この子の事ばかり考えておりました。




ですが、以前の日記でも書いたとおり、


この当時、調子にノっていたあたくしは、


隠れてクラスの他の女子のオ〇パイをたくさん触っており、


それが彼女にバレて、フラれました。


お付き合いした期間、6ヶ月。


とても悲しかったです。




※編注
自業自得でしょ…。






二人目。



高2の16歳の時にお付き合いした彼女。


この子とは、実は相手の方から告白され、
お付き合いをすることになりました。


「五代君って、頼もしくって素敵で…」


ですって。


何を勘違いしちゃったんでしょうね、この子は。





でね、お付き合いを初めて4日後ぐらいだったかなぁ。


早速、学校が終わった後、
二人で一緒に下校をしました。


で、その帰り道、


何でそんな話になったのかは覚えていないのですが、


あたくしが、ついうっかり、






ピンク〇ーターの話をしてしまいました。



その時の彼女は、とてもとても引いた顔をしておりました。



そしてその数日後、




「五代君って、何か思っていた人と違くて…」



と言われ、


フラれました。



頼もしくって素敵で…とか、
思っていた人と違う…とか、


勝手な子ですよね、ほんと。





別に良いんじゃねぇ。


ピンク〇ーターを持っていたとか、
そういうわけじゃないんですよ。


ただ単に、



「僕はいつかピンク〇ーターを使ってみたい!キリっ☆」



って言ったぐらいですよ。


しかも童貞ですからね、この時の自分。


童貞が夢を語ってはいけないのでしょうか?


お付き合いした期間、たったの2週間。


とても悲しかったです。





※編注
自業自得でしょ…。

【広告】





そして3人目。


この子が初体験のお相手となった彼女。


自分の日記で何回か書いてますが、



この彼女は相武紗季を2倍ぐらい可愛いらしくしたような、
それはそれは容姿端麗な子でした。



この時20歳だった二人、

さすがにこの歳になれば、
お付き合いしてすぐに、
お突き合いとなるわけです。



で、これまた日記で何度も書いているのですが、


悲しきかな、


あたしは運動会が下手くそでしてね。



マジな話、4〜5回、お突き合いに失敗しました。



「もうこれ以上は失敗できない!」
となり、最終手段として使ったのが、



人類の秘密兵器である〇ーション。



これを使った所、
とてもとてもお突き合いがスムーズにいったわけです。


行為が終わった後の感情は今でも覚えてます。


それは、気持ち良いとかそういう感情ではなく、


「行為を無事終えられて良かった…」


という感情でした。


何とか男としての尊厳が保てたという所でしょうか。


だからこの初体験の日のことは、
今でも鮮明に覚えております。




ちなみに、この次の日バイトがあり、
店長にようやく運動会ができた事を報告した所、


店のシャンパンを開けてくれました。

(確か店で3000円ぐらいで提供していたやつ。)


ほんと、人情味のある店長だったと思います。




でも、その初体験の相手となった彼女とは…


浮気をされて別れました。


お付き合いした期間、3ヶ月。


とても悲しかったです。





※編注
運動会が下手くそなんだから)自業自得でしょ…。





この初体験の子とは悲しい別れ方になってしまいましたが、


それでもやはり初めて運動会をした相手ですからね。


この子のことやこの初体験の日のことは、
今もなお忘れません。




しかし初体験というものは、


何もベッドの上の運動会だけに限らず、


どんな出来事でも、記憶に強く残るものです。



例えば、パチンコでの初体験。



初めて打ったパチンコがアクエリオンで、


人生初めての大当たりが、
擬似2からのベクターリーチでの図柄直撃。


しれっと6図柄を射止めた光景は、
今でもあたしの脳裏に焼き付いております。




初めてパチンコで大勝ちしたのは、


CR弾球黙示録カイジ鉄槌XR2という台。


仕事終わりの夜から打ち始め、
26連して閉店強制終了。


初めて3万発も出て、
パチンコってすげー!


と思った感情は今でも忘れません。





人生で最も出た台は、


初代ガロ。


約73000発出し、
初めて29万という金額を換金したこの日のことは、


忘れることができません。





このように、人間というものは、
初めて体験した出来事はいくつになっても記憶に留める生き物です。


であるならば、


何でも良いので新しいことを体験していけば、
初体験の出来事が増えていくので、


年月が経っても忘れない思い出が、また一つ増えるわけです。




忙しい日々の生活の中で、
年を取るごとに記憶というものは薄らいでいくものですが、


このような新しい体験をすることで、


失われていく記憶の代わりに新しい記憶を追加していき、


心を豊にしていきたいものですね。



おススメパチスロ日記!


毎日23時更新!濃厚パチ&スロ日記♪
MAXブログライターバナー

MAXサイトトップ
サイトトップ



著者:五代君

当サイトの2018総選挙NO1の人気ライター!

現在は、今更ながらハーデス大好き人間に(笑)