とぅーん日記第二百十四話♪

【とぅーんのパチンコ日記】
アメージンググレイトゥ




とぅーんがまだ、とぅーんじゃなかった頃。


『俺はこの先どんな仕事をして、どんな人生を送ればいいのだろうか?』


といった、漠然とした不安を持っていた時期があった。


そこらへんに捨てられてそうな漠然とした不安である。


不安感を無くすためには


何か対策を講じなければならないであろう。


当時のとぅーんは、どうやって不安感を無くしたかと言うと





『とりあえず就職して、働く』





仕事なら何でもいいわけではないが


それよりもとにかく社会に出て


お給料をもらって生きていく事。


今の環境の中で、がんばる。





…といった、何の対処になるのかもわからない事で


20代を駆け抜けた。




[広告]
[広告]





社会人としての今までの期間と


MAXでの連載期間はほぼ同じで


新入社員時代の事を思い出せば、


MAXでの出来事も思い出す。


つまりは、MAXで書いた自分の日記を読むと、仕事の事を振り返るきっかけになったりするのだ。





でも全部が全部覚えてるわけじゃなくて、


「え、こんな日記書いたっけ!?」


とか


「とぅんくりしていってね!って、なんなの( ゚Д゚)!?」


とか


…結構、記憶にない意味不明なことも書いていたりする。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆