パチスロ読者日記

パチスロ読者日記
アナザーゴッドハーデス
ライター:N・ダイク


※この日記はすろ天様からの許可を得て掲載しております。




ついに出たぞ…


ついに出たぞ…


GODがでたぞー!!!!!


どうもダイクです。


GODシリーズは初打ちはある程度まではツッパしてますので今回も。


ハッキリ言おう。


ゼウスは好きじゃないから!!


系譜しか認めないk・・・・


【広告】




―デジャブ フリーズ※―








ついに出たぞ…


ついに出たぞ…


GODがでたぞー!!!!!


どうも毎度のアナザーダイク〜奪われないチェリーver〜のN・ダイクだ。


って誰か早く奪えよばかやろう。


さて、冒頭から痛くもアナザーダイクと名乗ったように、今日の自分は一味違うぞ。


え、なにが違うかって?


ふふふ、聞いて驚くなよ?


ハーデス日記01枚目




活動限界がいつもの5倍の20マソ。




さらに、予備電源を5マソ備えているのだ


なぜ、これほどの軍事力を投入するかというと、


他でもない、今回の実践が“特別なもの”になるからである!!


なぜ“特別なもの”になるのか―――。


それは、私の代名詞でもある“GOD”の初打ちだからでもなければ、


ましてや、ライター人気総選挙の票取りなどという、つまらない理由ではない。


我が親愛なるライター仲間が引退をなされる週だからだ。


考えれば考えるほどに、私たちの間柄は「友達」と言うよりは「戦友」に近いものがある。


直にやりとりしたことは数える程しかないが、


スロッターとして、そして、ライターとして、


同じ戦場に身を置く者同士だからこそ生じる「言葉なき相互理解」が、


私たちの仲を血よりも濃いものにしていった。


とするならば、いま、この地を去り行く彼に、私は何をすべきだろうか。


ハーデス日記02枚目




餞(ハナムケ)の言葉を贈ることか。


否。


―――戦うことだ。




スロッターとして、そして、ライターとして。


それがどういうことなのか、自分でもよくわからないけれども、


誰かはこう言っていたじゃないか!


戦いのなかに答えはある―――と。




【広告】




運命の悪戯(イタズラ)か、はたまた、神の悪ふざけか、


奇しくも我々の戦場は、そんな戦いに相応しい機種の登場で沸き立っていることだし!


パチスロ【アナザーゴッドハーデス】


通称「アナゴ」だ。
ハーデス日記03枚目




その衝撃は、既に皆さんもご自身の目でご覧になっているだろうと思う。


え、これ、やばんじゃね?


いろんな意味で。。。


という反応がそこかしこから聞こえてくるように、


設定1で5%、設定6で20%OVERとも言われている驚異の万枚突破率


この機種が発表された当初、「ミリゴ」に対して「アナゴ」という略称をされたもんだから、


てっきり


「よう、フグタ君!今夜、一杯どう?」
ハーデス日記04枚目
的なスペックかと思いきや




連れて行かれたのは…。


ザギンの高級クラブだった
ハーデス日記05枚目




確かに通常時の“あの感じ”や、1/8192のPGGなど紛れもなくGODシリーズを継承しているものの、


AT初期ゲーム数の上乗せや、怒涛の上乗せ特化ゾーンなど、従来のGODラインとは明らかに別物。


冥界の王:ハーデスという新キャラの起用からも窺い知れるように、


ハーデス日記06枚目




「GODシリーズ」というコンセプト“そのもの”の刷新を図ったものと思われる。


それは同シリーズの新たな可能性の幕開けでもあるのだ。


ということで、実践開始、、、、の前に、


今日の稼動をより“特別なもの”にするために、


この戦いの目指すところを決めたいと思う。


なにを目指そうかいろいろ考えたけれど、


いろんなものをゴチャゴチャと織り交ぜてもしょうがないので、


ここはシンプルにGODシリーズに醍醐味に抽出することにした。





それは、以下5点である!


@オープンラストでハーデスを打ち切る。


ただし、設定狙いのために新台入替の12時オープン。


A1/8192のPGGを引く。


GOD図柄をビシッと揃える。


Bロングフリーズを引く。


演出用ショートフリーズは認めない。


Cハーデスを降臨させる。


一応、ハーデスを打つからにはね。


D万枚を出す。


ただし、一撃万枚に限る。


ハーデス日記07枚目




そんなことは百も承知、二百も合点。