讃岐Jr.日記第百七十五話♪

【讃岐Jr.のパチンコ日記】
VS 悪魔と少女の物語



俺の名前はメフィスト・サタン・エンジェル。


悪魔なのか天使なのか疑念を抱かせるような名前だが、


れっきとした悪魔だ。



自慢じゃないが俺は子供に余り好かれない。


まるでディズニーの悪者のような顔が原因なのか、


「こんにちわ坊ちゃん。」


と近所のチビにあいさつしても、無視されてしまうのだ。




(あの変なオジさんに話かけられても、絶対に返事しちゃ駄目だからね!)




近所の奥様方の俺に対する評判は、おおむねこんな感じだろう。



あーあ


見た目で人を判断しちゃ駄目だっ


てあれだけ俺の母ちゃんは口すっぱく言ってたのに、


近頃のママさん達はどーなってんだ?




髪の毛が女性ぐらい長くて、


ヒゲがボーボーで、


ドクロの服を着ている







…このナリが怪しいとでも?









仮に怪しいとしても


そんな奴、各町内に3人はいるだろう。


それに比べりゃ俺なんてまるで全く可愛い方さ。


俺がガキの頃なんかもっと怪しくて変なオッサン達がいたぜ。






いつも‘N’と書かれたキャップを被り、

子供が近付くと

「ニャーニャー」

と猫語でしつこく話かけてくる



通称

‘猫のおっさん’。



今となっては


あのキャップの‘N’がニャーニャーのNにかかっているのかどーかは、


江戸川乱歩もお手上げの謎だ。






ほかにも、



きったねぇママチャリの荷台に、

「それ浮いちゃうんじゃねっ?」

ってぐらい風船をたくさん付けている




通称

‘PPおじさん’。




何故PPなのかというと、




★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
讃岐Jr.日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト