MAX編集部日記♪

【MAX編集部日記】
1000円の有意義な使い道





「育児は奥さんのこと助けてあげてくださいね!」





子供が生まれてから、この言葉をよく言われた。


世間一般がどの程度か知らないが、


かなりのイクメンぷりだと自負している。




だからその言葉を何度も言われる度に


「妊娠中から言われなくてもやってますし、もちろんやりますよ」


と心の中に反発心があった。




しかし、それだけ口々に言われるのも最近は納得してきた。


というのも、日増しに育児の大変さを痛感し始めているからだ。









当たり前だが、

赤ちゃんはよく泣く。
育児ストレス






「赤ちゃんは泣くのが仕事」


なんて言葉があるくらいだから、もちろん仕方ないことだし、


それに泣き声もかわいいと確かに思う。




ただ、昼も夜もない育児疲れの中で、


泣き止まない赤ちゃんに徐々にストレスが溜まっていくのも確かだった。




現在、嫁と子供は一ヶ月検診までは里帰り中なので、


僕が週末だけ嫁の実家に行っているのだが、


向こうのご両親のなんでもない一言でイラっとすることが増えた。




「ミルクが足りないんじゃないか?」


「あらまぁ、抱っこ癖がついちゃって」


(必死にあやす僕を見かねて)
「さっきから泣いてばっかりね」




本人に悪気がないのもわかるし、


むしろ孫のかわいさあまりに言っているのもわかる。


そして、身内だから、孫だから口を出してくる、というのもわかる。



だが、その言葉がグサッとくる。




「ミルクも母乳も十分あげたし、ミルクがほしい時は、もっと違う泣き方と動きをするんです!」


「抱っこ癖なんて大人の都合でつけたもので、そんなものありません!」


「十分あやせてます!任せてください!」



もちろん口には出さないが、


心の中でそう反発してしまう。




★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
MAX編集部日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト