パチ屋では争いたくない話

【トミーのパチンコ日記】
ボクは気が弱い。




この日は午後からの短時間稼働だった。


こういう時に雑な立ち回りをすると、稼働内容はもちろん日記内容もボロボロになる。


そこで何かテーマを考える事にした。


稼働してからテーマを考えることもできるが、


以前日記に書いた様にそれだと日記クオリティは下がる。


やはり予めテーマを意識して稼働すると、アンテナの立ちが良くなり些細な事もネタに拾える。




こういう時、新台稼働だと簡単だが、


あいにく今から行って新台が打てる店を知らない。


今すべきは店回り。


できるだけ手広く見ていく必要がある。


だが、億劫。




[広告]
[広告]






ボクもパチンコで生活していた時代があり、


ハマリオもよく言うが、


その当時はボクも、やはり「楽して稼ぎたい」という想いでパチンコを打っていた。


持ち玉で粘ってれば勝てる時代だったし、


対人関係のストレスも皆無。


今思えばもったいない20代前半の過ごし方だったように思う。




まあ当時の話はさておき。


その怠け癖は今でも変わらず、


パチンコを打つにあたって、遠出するのは苦手。


安くても近くで済ませたいタイプ。




まあそれも仕方ない。


そもそも店回りして打てる店を見つけた所で、


次打てる日がいつになるかもわからない。


その日に良台を見つけて、
その日に結果を出さなければいけないのだ。


その究極を極めた方法が、これまたハマリオがやっている潜伏拾いだろう。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆