トミー日記冬ソナリメンバー実践♪

【トミーのパチンコ日記】
冬ソナリメンバー




こんにちはトミーです。


今回は新台実践。


打ったのはCR冬のソナタ〜リメンバー


「リメンバー」という名の通り「初代冬ソナ」の復刻版仕様のようだ。


しかしながら、この台を知った時から1つ懸念があった。


確かに初代冬ソナは凄まじい人気があった。


しかし、当時の冬ソナが流行った理由は演出もそうだが、


なによりそのスペックにあったはず。





▼初代冬ソナのスペック

大当たり確率:1/317

確変率:62%

【大当たり振分】
15R通常(電サポ100回):38%
突確(電サポ次回):17%
15R確変(電サポ次回):45%


賞球:3&4&13&14

出玉:15R1700個





等価ボーダー驚異の15.6である。


さらに言うと、


公称出玉は1700個だが、


アタッカーも電サポ性能も激アマで、出玉1800個は普通に取れた。


だから実際には等価ボーダー14.5ってところ。


そんな台を3円交換千円26回とかで打っていた記憶がある。


あぁ…あの時代に戻りたい…



[広告]
[広告]








そして今回の冬ソナリメンバー


■スペック
・大当り確率
低確時:1/315.1
高確時:1/39.8

・確変率
62%

・大当り振り分け
【ヘソ】
16R通常(電サポ100回):38%
2R確変(電サポ次回):24%
16R確変(電サポ次回):38%


【電チュー】
16R通常(電サポ100回):38%
2R確変(電サポ次回):12%
16R確変(電サポ次回):50%


・賞球
4&2&4&5&6&12

・カウント
8C

・出玉
2R:80個
16R:1460個




3個賞球と4個賞球の差を鑑みても、拭えない劣化具合。


等価ボーダー18.5。


それでも最初、


「おお!甘い!!」と思ってしまったのは、


飼い慣らされたせいか


それとも、等価ボーダー22のカイジを打ったあとだったからか。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆