編集部日記CR彼岸島実践♪

【トミーのパチンコ日記】
CR彼岸島〜新台実践レビュー〜



こんにちは、トミーです。


ツイッターなどでご存じの方も多いでしょうが、


今回、MAXで初めて三脚でビデオカメラを立てて、演者ありきの実践動画を撮ってきました。


演者はノッチボス。


私トミーは、そのサポートをしてきました。


しかし、ただ横に突っ立ってるだけじゃ勿体ないので、


一緒に打って実践してきたので、その日記を書きます!


動画は明日2/14公開なので、もう少しお待ちください!!





実践機種はCR彼岸島。


最大の特徴は1機種で2スペック楽しめるという点。




普通のパチンコと同じ「左打ち」は明ルートと呼ばれ、


1/256で確変80%(ST101回転)のV-ST機になります。


牙狼翔のライトミドル版のようなスペックです。




そしてもう一つ、


師匠ルートと呼ぶのですが、


この台、通常時から「右打ち」する事ができるのです。


右に賞球口みたいな所があり、


そこに入賞すると抽選され、


スペックはパチスロのジャグラーみたいな感じ。


1/256で当たれば4Ror16R。


確変も電サポもありません。



[広告]
[広告]





この2つ、


・牙狼スペックの明ルート


・ジャグラーの師匠ルート


「好みに応じて」打つことができるのです。




・・・いや、正確には「釘に応じて」か。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆