ハマリオ日記第六十一話♪

【ハマリオのパチンコ日記】
ダーク無双




○○といえば、◆◆。




三洋といえば、海物語。


サンセイといえば、牙狼。


サミーといえば、北斗。


藤といえば、ホラー!?



では、高尾といえば??





数あるパチンコメーカーの中でも、


それぞれに特色というか、なんとなくのイメージというのはあるもの。


もちろん、それは人によって違うだろうから、


平和といえば、


ルパンと答える人もいるだろうし、


戦国乙女と答える人もいるだろうし、


羽根物と答える人もいると思う。




そんな中で高尾といえば、


カイジ?スパイダーマン?ブルースリー?


……ロッキー&ホッパー? (は無いな。)


もっとも最近では、


クイーンズブレイドや一騎当千などの、


爆乳系の台をイメージする人も多いのではと思う。




[広告]
[広告]






が、俺の中で高尾といえば…、





と、特にないな…。




けっして嫌いなメーカーではないし、


3、4年ぐらい前までは打っていたとは思うが、


特にこれってイメージは無いような気がする。。




ただ、あえて印象に残っている機種を挙げるとするなら、


『くるくるポン萌え2』

『プラチナV』


この2機種。




両機種とも高尾が作った風変りなデジパチで、


初打ち時に、これ、どうすればいいの??


と戸惑ってしまうような台だった。




だからあえて、俺の中での高尾のイメージを上げるなら、


ちょっと変なメーカー…ということになるのかもしれない。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆