ハマリオ日記第五十八話♪

【ハマリオのパチンコ日記】
母親の携帯で打つ北斗無双






前略、おふくろ様


パチンコ日記を書きたいので、あなたの携帯を貸してください。









前略しすぎて意味が分からないだろうから説明しよう。


海の向こうでモハメドアリがなくなり、イチローが偉業を達成したころ、


日本にいた俺は、携帯が壊れた。





これは前回の日記を書き終えたのちのこと。


ふと気づくと、充電するための接続部分がつぶれおり、


まったく充電できない、つまりは電源が入らない状態になってしまっていた。


これは困った。




が、しかし俺は、


人と連絡をとりあったり、SNSのたぐいを一切やっていない人間なので、


実はそれほど困らないという説もある。




パチ屋からのメールは朝にパソコンでチェックすれば済むし、


最近の稼働はバラエティコーナーの据え置き台を打つことがほとんどなので、


イベント等に参加することもない。


となると、しばらくは携帯が使えなくても平気かと思い、


すぐに修理にはいかなかった。




[広告]
[広告]




で、6月18日は朝から稼働。


目星をつけていたキン肉マンの甘デジを打ちに行き、普通に一日を終えた。


ちなみに収支は貯玉2500発と現金1万4000円のマイナス。




そして、その帰り道、なんとなく立ち寄った店の釘がかなり良さげだった。


この店は等価なので試しに打ってみると、


北斗無双が千円辺り21回ぐらい、


魔戒の花も千円辺り21回ぐらい、


で、他の機種は見た目にシマっていた。


やるじゃない店長!?




この日がこの店のイベント日なのは知っていたが、


そんなにアケる印象はなかったのでノーマークであった。


よし、明日はこの店で打とうと思い帰宅。





そして翌日、


今日は牙狼打っちゃうから日記にしちゃうよ〜と、


テンション高めに家を出ようとしたところで気づく。




俺、携帯壊れているから写真撮れないわ。





[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆