MAX編集部ハマリオ日記♪

【ハマリオの日記】
牙狼になりたい




パチ屋の休憩所。


店の隅にある自販機の前に、2組のテーブルと椅子が置かれ、


その近くに大型テレビがあるだけの休憩所。




最近のパチ屋では漫画コーナーが充実して、


椅子もソファーのような長時間くつろげるものになっているところが多く、


それこそ金を持たずにパチ屋に来ても、無料の漫画喫茶のように1日を過ごせるような感じだが、


この店はそうではなく、


小さな駅の近くにある、小さな店なので、


この地域のおじいちゃん、おばあちゃんが、パチンコの合間にくつろぐだけの地味な休憩所だった。


俺が自販機で缶コーヒーを買うときも、


「このおばあちゃん、この時間にいつも座っているなあ」


と思うぐらいのもので、その休憩所で立ち止まる事はなかった。




ところが、ある日。


その休憩所に人だかりが出来ていたので、驚いた。


この店の休憩所にしては、見た事もないほどの人がテレビの前に集まっていた。


なにか大きな事件や災害でもあったのかと思い、


俺もパチンコを打つのをヤメ、そこに行ってみると、


大相撲の千秋楽、琴奨菊の優勝がかかった取り組みが始まろうとしていた。




なるほど、と思った。




俺はどの競技でも、外国出身とか日本出身とか、そういう事を気にして応援することはないが、


その俺でも、10年ぶりの日本出身の力士が優勝というのは、


見れるもんなら見てみたいという気持ちがある。




ふと考えてみると大相撲ってのは、


その取り組みだけを見れば、ほぼ一瞬でカタがつくので、


サッカーや野球に比べれば、パチ屋との相性はいい気がする。


たとえばサッカーで日本代表戦があり、もしその試合を見たいときは、


パチ屋の休憩コーナーに行かずに、家に帰って見ると思う。


実際にそういう日はパチ屋の稼働が下がる気がするし。




[広告]
[広告]






で、そんな事を考えながら、人だかりの後ろの方でテレビを見ていると、


いよいよ琴奨菊が土俵に上がった。


おそらく、その瞬間、


万が一に対戦相手の豪栄道の親戚、知人でもない限り、


パチ屋の休憩所にいる人の気持ちは一つになったと思う。




琴奨菊に勝ってほしい、優勝して欲しい、


何が何でも勝ってほしいという人もいれば、


勝てるかなあと不安に見守る人もいただろうが、


その場にいた皆が、琴奨菊の取り組みを見守っていたという意味では、


パチ屋の客の気持ちが一つになっていたと思う。




これはパチ屋の中としては、非常にまれな光景であると思った。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
MAX編集部日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト