MAX編集部ハマリオ日記♪

【ハマリオのパチンコ日記】

保留変化について本気出して考えてみた。







人生はリセットできない。


最近になってつねづねそう思う。





2014年から2015年になり、気分的にはリセットされたのかもしれないが、


それはホント気分だけで、


実際には2014年を引きずりながら、2015年が始まったにすぎないと思う。





パチンコでいえば、当然のことながら、


2014年の収支を引きずりながら、2015年も打っていくわけだし。





そして、曇り空のたびに痛み出す歯や、


稼働中にビキビキと痛み出す首や肩、


そういった体調の悪さなんかも、


年が明けたからといって、きれいさっぱりリセットされる筈もない。


そのままずるずると引きずり、


どっさりと背負込みながら2015年を生きていく事になる。




[広告]
[広告]





しかし、引きずっていくというのは悪い事ばかりでもない。


日常で例をあげれば、


学校を卒業した後、職場を辞めた後、それでも続いている友人関係などがそう。


卒業や、退職といった区切りがあるからといって、そこでそれまでの関係が全てリセットされるわけでもない。





リセットするとしたら、自分と相手次第だろう。





これはパチンコで言えば、止め打ちなんかが分かりやすいかもしれない。


ここ数年でいえば、水戸黄門、銭形平次といった機種が撤去されても、


そこで身につけた止め打ち変則打ちは、他の機種でも応用が効いてきた。


その機種が無くなったとしても、そこで身につけた事がゼロになるわけじゃない。





羽根物もそう。


ストロークを合わせたり、羽根の開放を狙ったり、無駄玉を抑えたり、


そういう基本的なことは昔の羽根物から、延々と続いてきている。





他にもいくらでもある。


デジパチでいえば、ステージ止めや、保3止め、


釘読みやゲージの把握、


それこそ店に怒られたときや、他の打ち手に絡まれた時の対応なんかも、過去の経験を活かす事ができる。


(活かす場面に遭遇したくないが…)





そう考えると、


リセットせずに過去を引きずって、自分の中に残していくことは大事なことに思える。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
MAX編集部日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト