編集部日記第百二十二話♪

【トミーのパチンコ日記】
ヒステリックモード



朝、夫婦喧嘩をした。


もちろん、喧嘩をしない夫婦なんていない。


問題なのは、子供の前でしたこと。


軽い痴話喧嘩だが、


もうすぐ3才になる子供にとって、喧嘩は喧嘩。


精神衛生上、良くない。




自分が小さい頃を思い出してみれも、


親のケンカを見るのは悲しかった気がする。


だからこそ避けたかった。


けど、あまりの妻のしつこさに抑えられなかった。




この日は、そんなちょっとイライラした中のパチンコ稼働だった。




[広告]
[広告]





ケンカ別れするようにして妻は出勤。


俺もいつものように3円換金のホールへ向かった。




新台で緋弾のアリア2が入っていた。


アリアは前作も地味な人気があったが、打ったことがない。


なので、ストーリーもよくわかっていない。


杏さんの日記乙女紳士さんの日記を編集していて、


ヒステリックモード?
ノマーレ?
アニゴザンテ?


色々なカタカナの言葉を目にはしていたが、


どんなストーリーかわかっていなかった。




幸い、戦国恋姫に似て絵的には好きな部類なので、


抵抗感はなく打ち始めた。





最初のチャンスは349回転。


赤保留の登場。
パチンコ緋弾のアリア2の1



保留の種類はかなりあるが、


アリアの赤保留はちゃんと熱い部類。


ここで発生したのは、





アリアスタンバイ予告
パチンコ緋弾のアリア2の2



ぼちぼち熱い部類で、


アリアが液晶をめくって、背後の演出に変化させてくれる。


いわゆるリーチアップ的な役割。


赤保留の期待度をバックアップするには十分な予告だ。




それよりも問題なのは、


その存在感が凄すぎて、


液晶がほとんど見えない点。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆