エルモア未來日記第二十話♪



<10月10日>


この日はある約束を果たしに5:30に起きた。


顔を洗い、服を着替えて家を出る。


駐車場へいき、車に乗り込むと


目的の場所へ走らせた。







<前日>


仕事から帰ってくると、1本の電話をした。



○○
「お電話ありがとうございます。○○でございます。」



エルモア
「明日の予約したいんですけど」


○○
「はい!希望の女の子はいらっしゃいますか?」



エルモア
「かなちゃんで。あと3Pコースできますか?」


○○
「はい、かなちゃんで3Pコースですね!できますよ。」



エルモア
「もう1人なんですけど、

かなちゃんと仲いいというか、

やりやすい人っていますか??」


○○
「少々お待ちくださいねー、」



・・・


・・





「お待たせしました。有香ちゃんとかは仲いいみたいですね!」


エルモア
「じゃあ、有香ちゃんでお願いします。」


○○
「わかりました!お時間は何分にされますか?」



エルモア
「50分コースでお願いします。」


○○
「50分コースですね!お名前とお電話番号頂けますか?」



エルモア
「エルモアといいます。電話は090−××××ー△△△△です。」


○○
「エルモア様ですね。承りました。」








ふぅー、


この店には1カ月〜2カ月に1回くらい行ってるが、


予約したのは久しぶりだな。


3Pっていうのめっちゃ恥ずかしいし。。












お店付近に着くと、


コインパーキングに車へ車を停め、店まで歩く。



○○
「いらっしゃいませー、ご予約はしていらっしゃいますか?」



エルモア
「はい、7時からエルモアでしています。」


○○
「エルモア様ですね。少々お待ちください。」


・・・


・・





○○
「おまたせしました。エルモア様で7時からかなちゃんですね!

ご案内まで待合室でお待ちください。」






★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
エルモア未來日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト