千寿日記第二十七話♪

【千寿のパチンコ日記】
牙狼ファンの皆様失礼しました。




月曜日でございます。


季節の変わり目のせいなのか、


いつもより偏頭痛が酷くてロキソニンが欠かせない千寿です。


今回は初めに一つご報告があります。


すでにお気づきの方もいるかもしれませんが、


前回日記より、別で仕事もしてる以上は相応しくないと思いますので、


千寿の冠名としてパチプロの名前を取りました。



また、前回、指のイボを隠すのに【牙狼の画像】を使ったところ、


牙狼ファンの方から「不愉快」との指摘を受けました。


【アミバの画像】の部分は指摘はありませんでしたが、念のため今回からまた変えております。




それでは引き続き千寿をよろしくお願いいたします。


では第27話いきます。



-------------------------


今回は


・前書き

・北斗無双累積データ

・稼働


となっております。





まず、最初にこれは男女の永遠のテーマかもしれない。


「男女の友情は有り得るのか?」


について少し。




[広告]
[広告]






私は亡くなった彼女と出会う前、まあひどいもんでした。


特定の彼女を作らず、ナンパや合コンをしては女の子を口説いてました。


滅多に成功することはないんですが、


奇跡的に口説けた時は、まあ男ですからもちろん、


創世合体を目指すわけです。




しかし、ある日の合コンで仲良くなった女の子がいたのですが、


その子に対してはいつもと違いました。


その子は見た目も可愛く、スレンダーな女の子でした。


まきちゃんとしておきましょう(仮名)


当時の私なら、もちろんいつものようにGO!アクエリオンからのソーセージ合体したいと思うはずなんですが、


彼女に対してはちょっと違いました。




「この子と創聖合体したい」という感情が出てこないのです。




連絡先を交換して、しばらくメールのやりとりをしていた頃、


2人でご飯を食べに行っても気持ちは変わらず、


さらに仲良くなり、泊まりに来る事も何度かあったのですが、


「抱きたい」と思わないのです。


同じベッドで寝てるのにですよ?




思い切ってまきちゃんに聞いてみました。


「まきちゃんはさ、俺のことどう思ってるのー?」なんて。


まきちゃんは


『優しいから好きー、でも恋愛の好きとは違うかも』と。


驚きである。


お互い同じように思っていた事になる。




その後も映画を観に行ったり、ご飯を食べに行ったり、買い物したり、


また私のマンションに泊まりに来たりしましたが、


別段なにもなく、


他の男友達と変わらない存在でした。




当時、私は「これが結婚しても良い人なのかな?」なんて錯覚にも陥りましたが、


結局、まきちゃんにはその後に彼氏ができて、結婚もしました。


さすがに彼氏ができてからは会わなくなりましたが、


世の中にはこんな関係もあるんだという事から


私は《ごく稀に男女の友情はある》と思っております。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆