千寿日記第五十九話♪

【千寿のパチンコ日記】
ビギナーズラック




月曜日ですよー。


暑いの嫌いな千寿です。


第59話となります、わざわざ来てくださった方ありがとうございますm(_ _)m





寒い時期に比べると発作の前兆が減るのは助かるけど、


やっぱ暑いのは苦手。


中学からテニスやってたけど、


よくこんな暑い中やってたなぁなんて思います。





話は少し変わって、


皆さんはパチンコ、パチスロを始めたきっかけって何でしたか?


私は実家の近くにパチンコ屋があったことと、


親父がたまにパチンコをしてた事もあって行き始めたんですよね




[広告]
[広告]




当時はまだCRが無かった頃。


ちなみにCRとはCard reader という意味だった気がします


(諸説あるみたい)。


カードを読み込み玉を貸すというものだったと記憶してますが、違ったらすみません。


これは後にパッキーカードというものが出るのですが、


それを買ってパチンコをするというものでした。





これね、当時面倒でした。


例えば3000円分のパッキーカードを買っても、


無くなったらまた買いに行かなければならず、


記憶が確かなら現金に精算できなかったはず。



だから当時、1万円のパッキーカードなんて私は買おうと思わなかった覚えがあります。





まあそんな時代もあったのですが、


私の周りでパチンコを始めた人って、


初めて一緒に行った時に勝った人が結構多いんですよね。


いわゆる『ビギナーズラック』ってやつでしょうか。


やはり人間は脳汁が出ると『また打ちたい』と思ってしまうようですね。


そんな『ビギナーズラック』は、私も今でもある時があります。


今回はそんな話から行きましょうか。


ということで稼働へ。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆