リクの丞日記第二十一話♪

【リクの丞のパチンコ日記】
元ホール店長の実録
〜本当にいた迷惑なお客様〜





トミー編集長『なに?三期目をやらして欲しいだと?』

パチンコなのは001



リク『お願いしますッ!!』






度重なる試練を乗り越えて
パチンコなのは002






(試練)賄賂とか接待とかを乗り越え…

パチンコなのは003






ついに継続を勝ち取った!!
パチンコなのは004



リク『モロタでぇ〜これでまた原稿料で吉野家食える!!』





三期目も頑張ります。
パチンコなのは005





さて三期目一発目なんで


なつかしの授業しくじり先生をやりたかったのですが、


牙狼マカハナの累計負け金額64万(現状82万オーバー)を越えるしくじり話なんて、そうそうあるわけもなく、


とりあえずしくじり先生は保留して、いつもの日記です(^-^)/



[広告]
[広告]








【体験記】


今回のお話は?


〜本当にいた迷惑なお客様〜




あれはまだ店長になる前の話です。


当時の役職はまだ副主任。


ホールを駆け回りアルバイトスタッフの業務フォローをするのが主な仕事でした。




業務フォローのなかには苦情対応も勿論有ります。


これがまた嫌な仕事なんだ(笑)


こちらに不手際のある苦情は全力で対応にあたるだけなのだが、


こちらに不手際のない苦情の方が呼ばれる事は多いんです。




不手際のない苦情とは主に…


出ない、勝てない、当たらない!




こちらはお金を使って頂いて給料を貰っている身、


お客様はお金を使って頂いて遊んでいる身。


もちろん苦情対応には全力を尽くして謝り、理解を促すわけですが、


中には納得して頂けない方も居るわけで・・・・。





リクの様な駄目店員はいつも心の中では…




心の中
『そんな文句あるなら打たんだらいいやん!

誰もその台打ってくれって頼んでないし、自分で選んで打ったんちゃうの?』



と思いながら、お客様には…




表向き
『お客様のお気持ちはもっともです。大変申し訳ございません。

この声は責任持って上司へとお届けさせて頂きます!』



と説明していましたw





そんなある日の事です。


時刻は慌ただしい夕暮れ時、


忙しい店内の海コーナーから苦情対応の呼び出しが有りました。


急いで駆けつけると、




そこにはご立腹のお客様が!!



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆