リクの丞日記第七十七話♪

【リクの丞のパチンコ日記】
V入賞と信頼を勝ち取る77話




ども、リクの丞です。


今回の日記で遂に掲載回数が77回を迎えました!


思い返せば、


新人ライターとして書き出した頃、


先輩ライターからのアドバイスや、


読者様からの叱咤、激励などに一喜一憂して色々な事を学ぶ毎日でした。


今では自分が周りから先輩と呼ばれる立場になり、


編集長からも厚い信頼を得られまでになりました。(たぶん…)




自分がここに居られるのは、応援してくれている読者様、


大切なライター仲間達、見守ってくれている編集部のおかげだと思います。


これからもMAXライターとして、


ギャラ泥棒キャラを頑張りますので、


ますますの応援、宜しくお願いしますm(_ _)m




[広告]
[広告]







さて、


今回は実戦稼働にいく前に‥


「ホールにおけるマナー」について書いていきます。




リクの丞日記にて、


「専業者・軍団・集団」という書き方をしている人達が居ます、


批判の対象にされがちですが、


リク的にはこの方々を非難する気はありません。


一重に専業者と言えどもピンキリだと思っているからです。




1・パチンコ、スロットが好きで毎日来ている人達


2・情報網に長けていて、人一倍遊技機に詳しい人達


3・毎日の稼動で日々の生計を立てている人達




えっ、


専業者は3番目の人達だろ?


そう思われるかも知れませんが、


1ユーザーの立場からすれば、


パチンコ店でよく見かける人達全てを専業者だと考えてもおかしくないでしょう。


もちろん、ライターとして稼動している自分達も、


兼業、専業問わず、この括りに入ると思います。





軍団と言われる人達だってそうです。


1・ビジネスとして雇われ、指示を受けて立ち回る人達


2・仲の良い友人達の2〜3人のグループ


3・カップルや夫婦で楽しむ人達


この括りだって他の人達からすれば、


軍団や集団と呼ばれてもおかしくないです。


だって、


自分以外の素性は誰にも分からない事ですからね‥


この人達を仮に非難するのであれば、


自分を自分で非難しているのと一緒だと思います。






で す が、


「ルールやマナーを守らない人達」だとしたら非難されても仕方ないでしょう。


そして、批判な話で出てくる時の「軍団」というワードは、


そういったマナーのない集団の事を指すのではないかと思うのです。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆