ポイズン日記第二十話♪

【ポイズンのパチスロ日記】
私の台選びの基準




こんにちは、ポイズンです。


ポイズン日記もついに第二期最終話。


まさか20週も続けられるとは思いませんでした。


これも読者の皆様のおかげです。


せっかくの最終話なので少し真面目な話を。





私の台選びの基準について。



期待値稼働にとって一番大事なのは、言うまでもなく期待値があるかどうか。


さらにその期待値がある台の中で、


少しでも期待値が高く、少しでも時間効率がよくというのが理想だ。




[広告]
[広告]




そこで、どこに【重点】を置くかという問題になってくる。


高期待値の台を重視するか、


安めでも数で勝負するか。


私の稼働スタイルは後者寄りだが、


そこに選考日記でも書いた精神的にもプラスになるという要素が足される。


その結果、私が台に座るかどうかの判断基準は


「その台を打ち終えた後に後悔しないかどうか」



である。





例えば、1000回転ハマりのハーデスがあったとする。


これくらいの台なら例え天井前犬を喰らっても、自分の中で「期待値が稼げた」と納得できる。


でも600回転から打って天井前犬を喰らったらきっと後悔する。





これが個人的に好きな台・・・


例えば今日の日記で出てくる蒼天の拳2なら


一般的なハイエナじゃまず打たない300Gから打って天井2連を喰らっても、後悔しない。


甘いと言われるかもしれないが、


趣味と実益を兼ねた稼働形式としてはありだと考える。





番長3なんかも天井までベル100回を切っていたら打つし、


まどマギも気分によっては500G超えていたら打つ。


正直、MAXライターも金銭的な期待値だけで考えたらできないと思う。


それでも私はMAXが好きだし、


ここで日記を書くのも楽しいから続けていきたいと思える。





私のような稼働スタイルに関わらず、


皆様も、よかったら台に座る前に「後悔しないか」を考えてみてください。




というわけで、最終話らしく自分の打ちたい台を。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆