ポイズン日記第三十七話♪

【ポイズンのパチスロ日記】
絆の設定狙い




こんにちは、ポイズンです。


今回は、番長3の設定狙いについて


質問があったので答えさせていただきます。




番長3の設定狙いで、何を一番重視しているか?


という質問をいただいたのですが、


それは、スバリ言うと・・・!?





これというのは無い。




番長3は、設定差の大きいところが絶妙に分母の大きいものばかりで、


どれかを重視するっていうのはできない。


逆に言えば、



・潜伏特訓(対決後に入る特訓)非経由の謎勝利、
・通常BB
・引き戻し


など、設定差の大きいものは多いので


全てを合わせて見ていけば、設定の高低は見抜ける。



[広告]
[広告]






そこにベルカウンターの移行と共通ベルを数えて、


ART中の天国以外の青BB直撃で設定6にとどめを入れるのが理想的。


だが、私は基本的に共通ベルは数えていない。


理由は、私が番長3に甘いからだ。





個人的に、設定狙いというのは


やめる理由を探して攻めるのがセオリーだと思う。


当たり前だが、現実に高設定はたくさんあるわけでは無い。


高設定を打つのはもちろん大事だが、


それ以上に低設定を少しでも避けることの方が大事だと考えている。





特に、現行機だと絆。


期待値稼働でなんども爆死してきたからこそ、


設定狙いで座るときは常にやめる理由を探している。





だからこそ、


絆を打つときは弱チェを数えるのはもちろんのこと、


「今モードが良さそうなのにタイム入らなかったなー」とか


「高確濃厚なのに巻物外れたなー」とか、


「今のは謎当たりじゃなくて、内部的に超高確だったような気がするなー」とか、


できるだけ悪い方に考えて打っている。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆