ポイズン日記第83話♪

【ポイズンのパチスロ日記】
HEY鏡 設定狙い




こんにちは、ポイズンです。


HEY!鏡の解析がだいぶ出そろってきた。


この日記を書いている現在で、恐らく設定推測に使えるが発表されてないのは


【規定HEY到達時の抽選】
【ベルナビ回数】
【引き戻し特訓】


この3つくらいか。


ここで、現状設定推測に大事な点をまとめてみたいと思う。








■その@
偶奇を知るには【ドライブゾーン終了画面】をチェック!


ドライブゾーンの終了画面は、奇数と偶数で鏡単体握手が3:5くらいになっている。


鏡の場合は5を使わないとまではいいきれないが、


6を狙う場合、鏡単体が2回続くと厳しい。


これに加え、偶数だとHEYカウンターのモードも【チャンス以上】に移行しやすい。(設定2でも30%近く)


なので、それを監視すれば偶奇は簡単に見抜ける。






■そのA
設定の高低を見抜くには【初当たり確率+直撃】をチェック!


慶志郎チャンス(KC)直撃確率の設定差は番長3の直撃以上に大きく


設定1:1/7000-設定6:1/1000


と段階的になっている。


大抵のデータカウンターだと、ジェットボーナス(JB)がRBで、KCがBBになっているので、見てみよう。


履歴を見て複数回直撃していたら高設定の期待度アップ!


もちろん、データカウンターによっては例外もあるので、そこは臨機応変に。


初当たり確率は良いに越したこと無いが、


6を狙うのなら500G以上ハマっている台は避けた方が無難だろう。


後はエンディングまでたどり着けた場合、4以上なら70%以上でキャサリンまで、10%以上で鏡ガールズまで登場する。


(鏡ガールズまでいけば4以上確定)








■そのB
細かい要素で6を判別!


その他、6が優遇されている点をいくつか。


主に赤JBを引いた時の挙動。


赤JBからの【次々回予告】には3倍近い設定差がある。


そしてボーナス後も6は約2/3でバス以外を選択するため、


バスが続いたら6の期待度はグンと下がる


(ボーナス中に強レア役を引いた場合は除外)






総合的に見ると、AT機と考えればかなり設定判別しやすい機種。


設定を入れてくれるお店なら積極的に狙えるだろう。