難波日記第三十六話♪

【難波のパチンコ日記】
恐怖体験の続き



難波です。


早速、前々回の恐怖体験の続きを書きます。


前回を簡単に要約すると、


仲間とドライブ中に、人と呼ぶには何かが足りない異形なモノに囲まれ、


逃げようと思ったが、金縛りにあってしまった。


その続きです。


どうぞ見るときは真っ暗な部屋で、電気を消してご覧ください。


あっ。


鏡にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。


そして、話の途中にも後にも、


鏡を見ることだけは決してやめてください。


もしかしたら何かと目が合うかもしれませんので…


この話はそういう類のものです。


それではごゆっくり。










Bを助けようと体を起こそうとしたが、急に金縛りにあってしまい、


Bの姿をただ見てるだけしかできなかった。


「B!B!逃げろ!」


そんな想いも声には出ない。





すると、Bがほんの一瞬だが動いた気がした。


(B!B!逃げろ!)


心の中で必死に叫ぶと、


くるりと首だけをこっちに向けたBは、何故か笑顔だった。


そして笑顔のBは、



「ハハハ…ハーハッハ!!ハーハッハハ!……ァァァァアアア!!!」



と、狂ったように叫びだした。


それを見た他の3人は怯えて、


あろうことか全員外に飛び出してしまった。


こういった状況の時、一番やってはいけないことだ。




俺は変わらず金縛りで動けない。


逃げ出す3人が、俺を一瞬だけ見たが、


怯えた表情でそのまま逃げて行ってしまった。




★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
難波日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト