モダン日記第九話♪

【モダンのパチンコ日記】
師匠との死別、そして決別




こんにちはモダンです。


先週は休んですいませんでした。


休載のお知らせにも書きましたが、


僕にパチンコのイロハを教えてくれた師匠が亡くなりました。


享年78歳でした。




『パチンコ屋は人生の縮図なんだ。

嫉妬や妬みが渦巻いていて、

何台ものパチンコ機がある。

そんな中をどう立ち振る舞い、

どの台を選ぶかで運命は決まる。

モダン君。

惑わされたらダメだよ。

今、目の前の台としっかり向き合いなさい。』





生前、師匠が口酸っぱく言っていた言葉です。


パチンコって社会的に悪に見られているけど、


僕にとっては人生を学ばせてくれる場でもありました。


全ては師匠のおかげです。








師匠は曲がったことが大嫌いでした。




『ハマリ台狙いは確かに勝ちやすい。

けど、人がハマった台を翌朝横取りするようなことはしちゃだめだ。

それで勝っても本当の勝ち組とは言えないよ。』




『イベントなんかで店が用意した甘い台で勝つのは簡単。

でもね、本当に上手いっていうのは

店が想定していない台で勝つことだよ。オスイチはその極みだね。』




パチンコで勝ってるからと言って偉そうにしちゃだめだ。

本来娯楽はお金を払って楽しむもの。

それを逸脱するどころか、お金を頂こうっていうんだから。

それはもう客じゃない。

偉そうにするなんてもってのほかだよ。』




理論もそうですが、


そういう師匠の生き様が好きでした。


大好きでした。


でも今は・・・




★☆★☆次ページへ★☆★☆

友達に教える
モダン日記トップ
パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト